AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


向坂麻美(恒松祐里)はセクハラ対策が3つもあった?ドラマ『ザ・トラベルナース 第3話』

引用:https://www.tv-asahi.co.jp/the_travelnurse/

ドラマ『ザ・トラベルナース 第3話』では、向坂麻美(恒松祐里)はセクハラされそうになりますが、セクハラ対策には3つもあったので詳しく紹介します。

ドラマ『ザ・トラベルナース 第3話』のキャスト

ザ・トラベルナースは、2022年10月20日から放送開始されました。

脚本&演出

登場人物&俳優

  • 那須田歩(演:岡田将生アメリカ帰りのナースでNPの資格を持つ
  • 九鬼静(演:中井貴一)謎の多いナース
  • 郡司真都(演:菜々緒)患者を大事に思いたい外科医
  • 天乃隆之介(演:松平健)不敵な笑みを浮かべる事が多い院長
  • 愛川塔子(演:寺島しのぶ)看護部長
  • 神崎弘行(演:柳葉敏郎)患者より自分のプライドを重視する外科部長
  • 金谷吉子(演:安達祐実)若き女性ナース
  • 向坂麻美(演:恒松祐里)性格が優しいナース
  • 弘中スミレ(演:宮本茉由)准看護師
  • 森口福美(演:野呂佳代)看護師
  • 西千晶(演:浅田美代子)事務長
  • 天乃太郎(演:泉澤祐希)天乃隆之介の跡取り息子で内科医
  • 古谷亘(演:吉田ウーロン太)看護師たちを見下す外科医
  • 新田明(演:前原瑞樹)外科医
  • 土井たま子(演:池谷のぶえ)看護師寮の寮母
  • 三雲大悟(演:村杉蝉之介)問題の多い患者

ドラマ『ザ・トラベルナース 第3話』のストーリー

金谷吉子たちは、夜の病院には恐ろしい事が起きてしまうと心配している中で、向坂麻美は夜勤だったので、恐怖心に負けないようにと思っていても、体を震わせていました。

ところが、患者が亡くなってしまったので、向坂麻美はエンゼルケア(死後に行うメイクなど)をしようと思っても、なかなか上手くいかず、九鬼静から「私が代わりましょう」

三雲大悟が、患者として入院してきますが、女性ナースの体を触ろうとするので、向坂麻美は、嫌悪感を示してしまいます。

しかし、金谷吉子はお尻を触られても、全く何も無かったかのように、注射を射っていくので、那須田歩は「そんなだから、日本のナースは患者や医師からバカにされるんだ!」

三雲大悟は、那須田歩から厳しく注意された事に腹を立てて、クレームを言ってきたので、看護師長は「皆さん、私たちは笑顔で接しないといけないので、くれぐれも注意しなくてはいけません」

結局、問題の多い三雲大悟には、女性ナースは担当せず、那須田歩や九鬼静たちが担当する事になり「なんで、男のナースが担当する事になるんだよ」と文句を言われてしまいます。

向坂麻美は、点滴を用意したつもりが、間違えて睡眠導入剤を用意してしまって、三雲大悟はグッスリと眠りにつきました。

これが三雲大悟に知られる事になり、妻は「訴訟を起こします」と激怒してしまいますが、どうなってしまうのでしょうか?

『向坂麻美(恒松祐里)はセクハラ対策が3つもあった』

引用:https://www.tv-asahi.co.jp/the_travelnurse/story/0003/

向坂麻美(恒松祐里)はセクハラされそうになり、逃げる事しか思いつきませんでしたが、実際には対抗策が3つありました。

  1. 上司に相談する事
  2. 行政や相談窓口に訴え出る方法
  3. 患者にハッキリと「セクハラですよ」と主張する事

患者からのセクハラに対して、どのように対処するべきか?なかなか難しいものがあります。

参照元https://kango.mynavi.jp/contents/nurseplus/workstyle/20220121-2145264/

上司に相談するという方法がありますが、これは職場によって、ロクに相談に応じてくれない可能性があります。

今作では、あの上司ではあまり力になってくれそうにありませんが、同僚では心強いナースもいたので、そのナースに相談するというのは、有効な方法でしょう。

もしも、上司だけでは対処してくれない場合には、行政や相談窓口に頼る方法もあります。

それ以外の方法としては、セクハラしているつもりがない患者もいるので、ハッキリと「セクハラですよ」と患者に伝えたほうが良い場合もあります。

これ以上、同じ事をしたら、大ごとになってしまうと思って、辞める場合もあるハズです。

ドラマ『ザ・トラベルナース 第3話』の見所とまとめ

第3話では、向坂麻美(恒松祐里)がセクハラされそうになりますが、金谷吉子のような対処方法がドラマで放送されると、勘違いする患者が増えそうなので、あまり、ああいう事はドラマで放送して欲しくないですね。

九鬼静は「感情をコントロールできない」と偉そうな事を言っていましたが、自分も感情的になって、医師に説教した事があったので『何だかなぁ』と思ってしまいました。

ラストシーンでは、患者を懲らしめるシーンがあったので、あそこだけは見ていて、気分がスカッとしましたね。