AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


堂島由里子役の女優について詳しく紹介!ドラマ『アトムの童 第4話』

ドラマ『アトムの童 第4話』で、経済産業省の堂島由里子役を演じていた女優について、詳しく紹介するので参考にしてみて下さい。

ドラマ『アトムの童 第4話』のキャスト

アトムの童は、2022年10月16日から放送開始されました。

脚本&演出

登場人物&俳優

  • 安積那由他(演:山﨑賢人)ゲームの開発者
  • 菅生隼人(演:松下洸平)安積那由他の過去を知る人物
  • 富永海(演:岸井ゆきの)銀行員を辞めて『アトム玩具』を引き継ぐ女性
  • 興津晃彦(演:オダギリジョー)インターネット検索サービスSAGASの社長
  • 富永繁雄(演:風間杜夫カプセルトイの二代目社長
  • 八重樫謙吾(演:でんでん)カプセルトイの専務
  • 各務英次(演:塚地武雅カプセルトイのフィギュアの指導員
  • 吉崎誠(演:六角慎司)SAGASの社長秘書
  • 井手大(演:馬場徹)やよい銀行の富永海の先輩
  • 小山田賢雄(演:皆川猿時)やよい銀行の神田支店の支店長
  • 森田聡(演:岡部大)ネットゲームカフェの店長
  • 杉野結衣(演:飯沼愛)ネットゲームカフェのアルバイトの店員
  • 相良晶(演:玄理)ゲーム販売やインディー開発者の手助けをする人物
  • 緒方奏絵(演:戸田菜穂)安積那由他と菅生隼人の過去を知る人物
  • 緒方公哉(演:栁俊太郎)緒方奏絵の息子
  • 鵜飼吉久(演:林泰文)アトム玩具の財務顧問
  • 堂島由里子(演:西田尚美経済産業省事務次官

ドラマ『アトムの童 第4話』のストーリー

安積那由他たちは、今まで作っていたゲームのグラフィックの部分が、ピンクに染まって無くなっている事に気付いて「何だ、これは」と焦ってしまいます。

しかし、安積那由他は「ソフトを利用すれば、俺たちが今まで作っていたものを復活できるかもしれない」と言い出して、まだまだ諦めようとしませんでした。

鵜飼吉久は「まだ諦めないんですね」と、小さな声でつぶやき、座り込んでしまいます。

八重樫謙吾は、その声に気づき、各務英次に「データが消えたんじゃなく、消されたんじゃないか?」「ちょっと待って下さい、私たちの仲間に、裏切り者がいるというんですか」

「一人、いるじゃないか」「え?」「今、思えば、あいつ(鵜飼吉久)がきてからだ」

八重樫謙吾は、鵜飼吉久を呼び出して「あなたがデータを消したんでしょ?今までの事は黙っていてやるから、さっさと消えて下さい」「何の事を言っているのか分かりません」

何も知らん顔をしようとするので、八重樫謙吾は鵜飼吉久を捕まえようとするので、富永海は「何をしているんですか!」と仲裁に入ってきました。

鵜飼吉久は、早朝4時ごろにアトム玩具へ忍び込んで、再びデータを消そうとしますが、安積那由他が仕事を少しした後に、すぐに寝室へ向かって寝てしまいます

ところが、パソコンの画面で、問題が起きている事に気付いて、そこには『再試行』と『キャンセル』の2つのボタンが表示されていました。

鵜飼吉久は「ごめんなさい」とつぶやき、カーソルをキャンセルボタンに近づけてしまいます。

翌日になり、いよいよ完成したゲームを見ようとすると、安積那由他は「これ……さっき、鵜飼さんが」と言いますが、鵜飼吉久はアトム玩具を裏切ってしまったのでしょうか?

『堂島由里子役の女優について詳しく紹介』

経済産業省の堂島由里子役を演じていた女優さんは、西田尚美さんという方です。

朝ドラ『マッサン』や『カムカムエヴリバディ』にも出演した事もあり、演技派の女優として知られています。

現在は、靴デザイナーの方と結婚した事を発表して、公私ともに充実しています。

そんな西田尚美さんのプロフィールは、以下の通りです。

ドラマ『アトムの童 第4話』の見所とまとめ

引用:https://www.tbs.co.jp/atomnoko_tbs/

鵜飼吉久(演:林泰文)は、アトム玩具を裏切っていないと信じて考察したのに、思いっきり外してしまいました。

まぁ、ドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて』では、考察が当たったので、これで一勝一敗という事ですから、気持ちを切り替えたい所です。

そして、今度は堂島由里子(演:西田尚美)が登場してしまい、再びアトム玩具に試練が訪れそうなので、気になってしまいますね。