AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


木村文乃と青森県の意外な関係!映画の出演に影響大?

木村文乃さんは、青森県と意外な関係があり、それが映画の出演に影響を及ぼす可能性があるので詳しく紹介します。

木村文乃青森県出身ではない?

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 木村文乃マネージャー (@kimura_fumino_mg)

www.instagram.com(引用)実は、木村文乃さんは東京都出身なので、青森県で生まれ育った訳ではありません。しかし、ご両親が青森県出身なので、その関係で、ネットでも『木村文乃 青森』という位ワードで検索されているのでしょう。

木村文乃が青森つながりで映画の出演時に思わぬ影響が?

青森県は東北地方にありますが、最近の映画は『東日本大震災』をテーマにした作品が増えています。

映画『やがて海へと届く』では、湖谷真奈(演:岸井ゆきの)が、親友の卯木すみれ
(演:浜辺美波)が行方知れずとなってしまったので、どこへ行ったのか探す旅に出かけてしまいます。

ところが、友達が失踪したのは、実は東日本大震災が原因だったのです。木村文乃さんは、東北と少し関係があるので、もしかしたら、今後は、このような映画に出演する可能性が出てくるかもしれませんね。

木村文乃が青森の言葉遣いを知っていたら仕事が増える?

木村文乃さんは、以前に富山関連のお仕事をしていた事がありますが、地方の言葉遣いを覚えておけば、映画やドラマだけではなく、CMのお仕事をする事もあります。

もしも、木村文乃さんが、ご両親の影響により、青森の言葉遣いを覚えていれば、青森関連のお仕事を貰えるかもしれませんね。

2022年には、山下美月さんは、朝ドラ『舞いあがれ』に出演するために、大阪弁を覚えるのに、懸命に努力をした事があります。それだけ、標準語以外の言葉を覚えるのは、意外と難しいものです。

そのため、木村文乃さんが青森の言葉を覚えているのかどうか?その辺りは少し気になる所です。

木村文乃とゆかりのある青森県の映画

木村文乃さんとゆかりのある青森県を舞台にした映画があって、それが『いとみち』です。

いとみちでは、16歳の女性が津軽三味線を弾く事ができますが、この映画では『津軽メイド』で女性たちが、オタクの心をわしづかみにした「おかえりなさいませ、ご主人様」とお迎えしようとします。

もしも、木村文乃さんが青森関連の映画に出演する機会があるとしたら、どんな作品なのか?今から、期待したいですね。