AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


駒井蓮が三味線に苦労!その要因と魅力について紹介

駒井蓮さんは、趣味でギターをしていたのに、三味線を利用した演技で苦労したので、そ要因や、三味線の魅力について紹介します。

駒井蓮が三味線に苦労した要因

引用:https://realsound.jp/movie/2021/03/post-729594.html

駒井蓮さんは、趣味でギターをしていても、三味線をひくのに苦労していた要因として、ギターと三味線では弾き方が全く違う所にあります。

三味線のほうが、弦の数が少ない上に、バチの使い方にも色々とあるので、ギターが得意であっても、三味線に苦労するのは、やむを得ない所があるでしょう。

しかも、駒井蓮さんが三味線で苦労したのは、他にもあって、それは三味線の実力者の西川洋子さんと一緒に弾く事になって、そのプレッシャーに押しつぶされそうになったからです。

いかに、女優として活躍してきた方であっても、弾き方も違えば、凄い方と一緒に弾く事にもなってしまい、苦労するのもやむを得ない事でしょう。

三味線の魅力!ダイナミックな弾き方と魅惑的な音色

現代人であれば、ギターやベースに惹かれる方は多いかもしれませんが、日本が世界に誇る三味線にも、人を惹きつける魅力があります。

三味線の魅力は何と言っても、そのダイナミックな弾き方と、魅惑的な音色ですね。

片方の手の指を素早く動かしながら、台形に近い『バチ』と言われるものを力強く叩いていく姿は、心を奪われるものがあります。

駒井蓮さんは、青森県出身なので、映画『いとみち』で、地元で受け継がれてきた『津軽三味線』を弾けた時は、感無量だったかもしれませんね。

駒井蓮が利用した三味線はロックバンドも採用している?

映画『いとみち』で、駒井蓮さんが三味線に挑んでいましたが、実は『和楽器バンド』が、ロックと和楽器を融合させて、和太鼓・尺八・三味線を採用しています。

我が木バンドと言えば、ボーカルの鈴華ゆう子さんが、無事に赤ちゃんを出産できたようです。夫は、同じバンドの箏を担当している、いぶくろ聖志さんです。

鈴華ゆう子さん、いぶくろ聖志さん、赤ちゃんが無事に生まれて、本当におめでとうございます。

和楽器バンドで、三味線を担当している蜷川べにさんが、YouTubeで、見事な腕前を披露しています。

ここまで、見事な音を奏でられるようになるには、きっと凄く鍛錬してきた事でしょう。

私は、ブログの投稿や、映画やドラマを見る事ばかりで、それ以外に時間をあまりかけられていませんが、いつか時間ができたら、和楽器バンドのLiveにも行ってみたいものです。