AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


正木瑠璃(有村架純)のことわざの意味とは?映画『月の満ち欠け』

映画『月の満ち欠け』では、正木瑠璃(有村架純)が、謎めいた諺(ことわざ)を言うので、その意味について解説します。

映画『月の満ち欠け』のキャスト

日本のファミリー映画『月の満ち欠け』は、2022年12月2日に公開されました。

監督&脚本

登場人物&俳優

  • 小山内堅(演:大泉洋)妻と娘を交通事故で失ってしまう男性
  • 小山内梢(演:柴咲コウ)小山内堅の妻
  • 小山内瑠璃(演:菊池日菜子)堅と梢の娘
  • 小山内瑠璃-幼少期(演:阿部久令亜)少女時代の小山内瑠璃
  • 正木瑠璃(演:有村架純)小山内堅の娘と同じ名前を持つ女性
  • 三角哲彦(演:目黒蓮)大学生の頃に、正木瑠璃と恋に落ちる男性
  • 緑坂ゆい(演:伊藤沙莉)小山内瑠璃の親友
  • 正木竜之介(演:田中圭)正木瑠璃の夫
  • 荒谷清美(演:安藤玉恵)弁護士
  • 荒谷みずき(演:尾杉麻友)荒谷清美の娘
  • 小山内和美(演:丘みつ子)小山内堅の母親
  • 店長(演:波岡一喜)三角哲彦のバイト先の店長
  • 中西(演:寛一郎)三角哲彦のバイト仲間

映画『月の満ち欠け』のストーリー

山内堅は、妻が赤ちゃんを出産したので病院へ駆けつけると「この子の名前は瑠璃にしようと思うの」と言われて「小山内瑠璃かぁ、良い名前じゃないか」

「この子が決めたのよ」「…え?」「私の夢の中で、瑠璃も波瑠も照らせば光るって、だから瑠璃の名前が良いって」

小山内瑠璃は、すくすくと成長していきますが、小学生の頃に高熱に苦しむ事があり、なんとか回復しますが、それからライターの扱い方や、難しい英語の歌を覚えたりしていたのです。

小山内梢は、夫に「絶対におかしいわよ」と訴えますが「誰かから、教えてもらったんだろう」

そんなある日、小山内瑠璃は一人で、電車に乗り高田馬場駅に降りた事があり、両親は誘拐されたのではないかと思って、心配して「高校を卒業するぐらいまで、ひとりで勝手に行かないでくれ」と娘に約束させます。

ところが、妻と娘は交通事故に巻き込まれて、命を落としてしまい、悲嘆に暮れてしまいます。そんな時に、三角哲彦が訪ねてきて「もしかしたら、あなたのお嬢さんは、私が以前に付き合っていた正木瑠璃の生まれ変わりかもしれません」

『そんなバカな』と思ってしまいますが、実は、正木瑠璃は正木竜之介と結婚していたのに、子供が産めない事を責められて、偶然に出会った三角哲彦と不倫をしてしまったのです。

しかし、夫に気づかれて、家を飛び出した時に、電車にはねられて命を落としてしまいました。

娘は、高田馬場駅に降りた時に、三角哲彦を探しに行っていたし、妻の夢に出てきて、瑠璃という名前を付けるようにお願いした事を考えたら、生まれ変わりの可能性はありました。

はたして、小山内堅は、そんな話を信じる事ができるのでしょうか?

『正木瑠璃(有村架純)のことわざの意味』

正木瑠璃(有村架純)は、モラハラ夫の追求から逃れるために、逃げようとしますが、電車にはねられて命を落としてしまいます。

しかし、小山内梢の夢の中で『瑠璃も波瑠も照らせば光る』とつぶやいてきたのです。

何やら謎めいた言葉ですが、これはことわざであり、才能のある者はどこにいても目立つという意味があります。

自分は、この映画を見るまで、その意味を知らなかったので、その言葉を聞いた時は、何やら謎めいた言葉だなぁと思いましたが、意外な意味があったのですね。

『月の満ち欠け』と他の映画を比較

有村架純さんが、生まれ変わる映画でしたが、実は『コーヒー が冷めないうちに』にも出演していました。

コーヒーが冷めないうちに』では、ある喫茶店で、過去に戻れる席があって、人生をやり直したいと願う客たちによって、様々なドラマが起きていきます。

今作とは、また違うやりかたで、人生をやり直そうとするので、色々と感慨深い作品です。

映画『月の満ち欠け』のまとめ

引用:https://movies.shochiku.co.jp/tsuki-michikake/

月の満ち欠けを見た感想について、詳しく解説します。

映画『月の満ち欠け』のオススメ層

男性が、妻や子供を失ってしまいますが、その娘や妻が生まれ変わって登場して、家族の絆が再生されていくので、大事な家族を失った方には、是非みて欲しい映画です。

  • ファミリー層:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • キッズ:⭐️⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️⭐️

映画『月の満ち欠け』の残念な所

とにかく、正木竜之介(演:田中圭)が気持ち悪くて、うっとうしい男だったのが残念な映画でした。

奥さんにプロポーズした時に「あなたに似合う幸せを用意します」と言ったくせに、子供が産めないと知るや、ネチネチネチと嫌味を言って起きながら、離婚もしようとしない。

さらには、離婚してくれない妻が、不倫していたと知るや、追いかけ回して、結果的に電車に跳ねられてしまい、妻を間接的に殺害した訳ですからね。

しかも、小山内瑠璃に生まれ変わった事に勘付いたら、車で追いかけ回して、今度は小山内瑠璃だけではなく、その母親まで事故に巻き込んで、合計三人の命を奪った訳です。

ここまできたら、本当にうっとうしい男ですが、田中圭さんは、こういうロクでもない夫の役を上手く演じられる俳優さんですね。

映画『月の満ち欠け』の見所

正木瑠璃は生まれ変わってまでも、大好きな男性に会おうとして、命を再び落としても、再び生まれ変わって、会おうとしました。

その一途な思いには心が打たれるものがあり、なかなか良かったですね。

しかも、ラストシーンでは、娘だけではなく、妻の生まれ変わりまで現れる訳ですが、娘の生まれ変わりが「生まれ変わりは私だけと限った訳じゃないからね」と言うのが伏線になっていましたね。