AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


3つの約束の内容と破ってはいけない理由を紹介!映画『グレムリン』

映画『グレムリン』では、3つの約束があったので、その内容と破ってはいけない理由を解説します。

映画『グレムリン』のキャスト

アメリカ合衆国の映画『グレムリン』は、日本では1984年12月8日に公開されました。

監督&脚本

登場人物&俳優

  • ビリー(演:ザック・ギャリガン)ギズモを愛する青年
  • ケイト(演:フィービー・ケイツ)ビリーの同僚
  • ランダル・ペルツァー(演:ホイト・アクストン)ビリーの父親
  • リン・ペルツァー(演:フランシス・リー・マッケイン)ビリーの母親
  • バーニー(演:マッシュルーム)ビリーの愛犬
  • ルビー・ディーグル(演:ポリー・ホリデイ)ディーグル不動産のオーナー
  • マレー・フッターマン(演:ディック・ミラー)グレムリンを毛嫌いする男性
  • ロイ・ハンソン(演:グリン・ターマン)モグワイを実験する理科の教師
  • ジェラルド・ホプキンス(演:ジャッジ・ラインホルド)ビリーの同僚
  • ピート・ファウンテン(演:コリー・フェルドマン)ビリーと親しい少年
  • フランク・ライリー(演:スコット・ブレイディ)保安官
  • ブレント・フライ(演:ジョナサン・バンクス)保安官補
  • コーベン(演:エドワード・アンドリュース)ビリーの上司
  • ハリス(演:ベリンダ・バラスキ)貧乏暮しをする夫人
  • モロー(演:ジョン・C・ベッカー)キングトン・フェールズの医者
  • バートレット神父(演:ウィリアム・シャラート)教会の神父
  • アンダーソン(演:ハリー・ケリー・ジュニア)カウボーイをかぶった住民
  • デイブ・マイヤーズ(演:ジョー・ブルックス)サンタの仮装をする住民

映画『グレムリン』のストーリー

ランダル・ペルツァーは、ある骨董屋に入ると、可愛らしいモグワイを見て「これをくれないか?家族にクリスマスプレゼントしたいんだ」と頼み込みますが、店主は「これは売り物じゃないんだ」と断られます。

仕方なく、店を出ていくと、店主の孫が「あの、本当はお金に困っているんです、だから、内緒でモグワイを売ります……ただ、3つの事は絶対に守って下さい」

「3つ?」「そうです、1つ目は水に濡らさないこと。 2つ目は光を当てないこと。 そして3つ目は、真夜中の12時過ぎには絶対に食べ物を与えない事です」

ランダル・ペルツァーは、息子にモグワイをプレゼントすると、ビリーは「パパ、ありがとう、凄く可愛いね。よし、ギズモと名付けよう」

ところが、家に遊びに来ていたピートが誤って、水をこぼしてしまい、ギズモにかかってしまったのです。そうすると、ギズモの背中から、次々に毛玉が『ポンッ!ポン!』と飛び出してきて、毛玉からギズモそっくりのモグワイが誕生していきました。

ビリーは「これは凄い」と思って、理科の先生に見せると「これは興味深い、1匹貸してくれないか、研究してみたい」「ええ、いいですよ」

家に帰ると、ビリーは、モグワイたちが夜遅くになっても、ウルサイので、0時前だった事もあり、お菓子をあげてしまいました。ところが、時計が壊れていて、すでに0時を過ぎていたのです。

真夜中の12時(0時)を過ぎてから、お菓子を食べてしまったモグワイたちは、凶暴な怪獣に変身してしまい、多くの住民たちを襲撃してしまい、人々はパニックに陥ってしまいます。

ビリーは、保安官たちに事情を説明しても「それはすごいな」と笑われて、とりあってもらえません。はたして、この町はどうなってしまうのでしょうか?

『3つの約束の内容と破ってはいけない理由』

骨董屋の店主の孫は、ビリーの父親に、3つの約束をさせます。その内容は、以下の通りでした。

  1. 水に濡らさない事
  2. 光を当てない事
  3. 真夜中の12時過ぎに食べ物を与えない事

1つ目は、グレムリンを水で濡らしてしまうと、次々に分身が出きてしまい、その分身はギズモとは違って、意地悪な生き物だからでした。

2つ目は、グレムリン光が苦手なので、出来るだけ光を当てない事が重要だからです。

3つ目は、真夜中の12時過ぎに食べ物を与えてしまったら、性格の悪いモグワイが、凶暴な怪獣に変身してしまうからです。水に濡れる前は、イタズラ程度でしたが、怪獣になったら、本気で人間を殺害しようとしました。

このような理由から、3つの約束を守る必要があったのに、ビリーは愚かにも全ての約束を破ってしまい、町はパニックに陥ってしまいます。

グレムリン』の見逃し配信を無料で見る方法

動画配信『U-NEXT』に初めて入会した場合には、映画『グレムリン』を31日間は無料で見る事ができます。

ただし、本ページの情報は2022年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
31日間を過ぎたら、月額1,990円(税別価格)かかるので、31日の間に今後もU-NEXTを契約し続けるか考えるのも悪くありません。

映画『グレムリン』のまとめ

グレムリンを見た感想について、詳しく解説します。

映画『グレムリン』のオススメ層

昔の映画ですが、今、見ても面白く感じるので、傑作というのはいつまでも色褪せないものかもしれません。

さらに、可愛らしいギズモが登場するので、クリスマスの時期に家族そろって見てみるのも、悪くはないでしょう。

  • ファミリー層:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • キッズ:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️⭐️

映画『グレムリン』の残念な所

ビリーは、忠告されていたにも関わらず、その全てを破ってしまい『なんだかなぁ』と思ってしまう作品でしたね。

しかも、分裂してしまったモグワイが、ギズモをイジメてしまうので、少しギズモが可哀想でした。

映画『グレムリン』の見所

ラストシーンでは、骨董屋の店主がギズモを引き取りに来てしまいますが『君の家にもグレムリンが潜んでいるかもしれない』というセリフが登場して、なかなかイキのある演出だったなぁと思いました。

それにしてもギズモは、凄く愛くるしい感じがしますね。あれを見たら飼いたいと想う気持ちは分かりますが、やはり、それは人間のエゴなのかもしれません。