AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


漆畑清澄(堀部圭亮)が政治家なのに息子に教育を放棄した理由!ドラマ『ボーイフレンド降臨! 第8話』

引用:https://www.tv-asahi.co.jp/bf_kourin/

ドラマ『ボーイフレンド降臨! 第8話』では、漆畑清澄(堀部圭亮)が政治家なのに息子に教育を放棄した理由について紹介します。

ドラマ『ボーイフレンド降臨! 第8話』のキャスト

ボーイフレンド降臨!は、2022年10月15日から放送開始されました。

監督&脚本

登場人物&俳優

  • アサヒ-漆畑澄人(演:髙橋海人)交通事故で記憶喪失になった青年
  • 茶谷かしこ(演:桜井ユキ)広告代理店で働く女性
  • 佐藤渉(演:田中みな実)舞台で活躍する女優
  • 黒瀬顕介(演:末澤誠也)広告代理店で働くデザイナー
  • 赤井美香(演:伊藤修子)広告代理店で働く事務員
  • 白鳥陽大(演:本多力)広告代理店で働く営業担当者
  • 青柳有造(演:光石研)広告代理店の社長
  • 榎田要(演:三宅健)佐藤渉の交際相手
  • 津久井エマ(演:片岡凜)アサヒの過去を知る女性
  • 漆畑清澄(演:堀部圭亮)漆畑澄人の父親で、有名な政治家

ドラマ『ボーイフレンド降臨! 第8話』のストーリー

アサヒは、自分がイラストレーターの漆畑澄人である事を思い出してしまった上に、信頼していた茶谷かしこが、自分の素性を知っていたのに、利用していた事まで知って深く傷ついてしまいました。

そんな時に、父親の漆畑清澄から「お前が絵描きしているのは構わんが、勝手にベンチにイラストを描くのは犯罪行為だ、これから選挙だっていうのに」「…ふっ、いつも選挙の事ばかりだな」

「あんたの事は、父親だなんて思ってないから」と吐き捨てて、外を歩いていくと、榎田要と再会して「悪いんだけどさ、これを渉に渡してくれない?」と台本を渡されます。

榎田要は、彼女がいなくなった事により、いかに大事な存在であるか分かり、自力で書いた台本を、どうしても彼女に受け取って欲しかったのです。

漆畑澄人は、佐藤渉に連絡をして、台本を渡そうとしますが、彼女は親友のためを思って、茶谷かしこに彼がどこにいるか?教えてあげます。

茶谷かしこは「今まで黙っていた事を謝ります。それでも会社を存続させるためには、あなたの力が必要なんです」と頭を下げに来ますが「しつこい」と突き放してしまいました。

しかし、佐藤渉と二人っきりで再会すると「今まで黙っていて、ごめんなさい。でも正直に言うと、アサヒくんがいなくなりそうで。きっと、かしこも同じだったと思うよ」とさとされますが、二人の仲は元に戻るのでしょうか?

『漆畑清澄(堀部圭亮)が政治家なのに息子に教育を放棄した理由』

漆畑清澄(堀部圭亮)は政治家なのに、なぜか息子のアサヒに、政治家になるための教育をしようとしませんでした。

日本の政治家の多くは、自分が築いた地盤で、子供にあとを継がせるパターンが多いのに、なぜか漆畑清澄は、そのような事はしません。

その理由としては、他の子供がいる可能性があり、他の子供があとを引き継げば良いと思っていた可能性があります。

しかも、自分に反感ばかり抱いて、政治に興味がないので、漆畑澄人にあとを継がせるのを諦めていたのでしょう。

ドラマ『ボーイフレンド降臨! 第8話』の見所とまとめ

第8話では、漆畑清澄(堀部圭亮)が政治家なのに息子の教育を諦めて、ピリピリとした空気感がただよっていましたが、迫力があって良かったですね。

1話目の漆畑澄人は、かなり性格が悪かったのに、記憶が戻っても、以前ほど性格が悪くありませんでした。

恐らく、記憶を失っていた時の経験が、活きていたと思いますが、次回は、どのような内容で終わるのか?気になる所です。