AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


源頼茂(井上ミョンジュ)が短気なのは祖父ゆずり?大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第47話』

f:id:akira2013web:20220115131322p:plain

引用:https://www.amazon.co.jp

大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第47話』で、登場する源頼茂(井上ミョンジュ)が短気なのは、祖父ゆずりなので詳しく紹介します。

大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第47話』のキャスト

鎌倉殿の13人の登場人物や俳優さんたちは、以下の通りです。

北条家

源氏勢力

その他

朝廷

大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第47話』のストーリー

京の都では、源頼茂が、自分が将軍家になれなかった事に腹を立てて、兵をあげてしまい、朝廷が大事にしていた宝が燃えてしまいました。

後鳥羽上皇は「許せん」と頭に血をのぼらせてしまい、すぐに家臣に討取らせて、全国の御家人たちに館の再建に力を尽くすように命じます。

側近からは「しかし、北条義時が、それを認めるでしょうか?」「それが狙いよ。御家人たちに命じておき、義時がそれを認めなければ、義時と御家人が対立していき、あいつはじきに孤立していく」

鎌倉では、北条義時が再建に力を入れるなどバカバカしいと相手にしようともせず、北条政子も「鎌倉でも火事が多い。こちらが落ち着いてからにしましょう」

北条義時は、側室のえの一族を京都守護職に取り立ててあげたので、妻や、その親族から感謝されますが、京の都ではついに後鳥羽上皇が挙兵をして、京都守護職の館が急襲されてしまったのです。

しかも、三浦義村など多くの御家人たちに『北条義時を討て』という院宣が出されていて、北条義時は「私一人のために、鎌倉を灰にする訳にはいかぬ」と命を捨てる覚悟をしてしまいます。

しかし、北条政子は集まった御家人たちの前に「源頼朝様の恩は天より高く、海…」と言いかけて「よいですか、私たちが選ぶ道は2つ。1つは西の言いなりになるか、戦って坂東武者の世にするか?」

「そうなれば、決まっているのはただ一つ。今こそ源頼朝様の恩に報いるのです。向こうは言いなりになると思っている。バカにするな」と言い放ち、御家人たちは「おぉぉ!」と心を一つにします。

はたして、この戦いの勝者は、どちらになるのでしょうか?

源頼茂(井上ミョンジュ)が短気なのは祖父ゆずり』

源頼茂(井上ミョンジュ)の祖父は、あの源頼政であり、平家物語によれば、息子の中綱が、平家に侮辱された事に腹を立てて、挙兵をして命を落としてしまいました。

事の発端は、平宗盛が、なかなか愛馬を貸してくれない源仲綱を憎たらしく感じて、その馬を取り上げて、家臣たちに「それ仲綱」と馬にむちをうたせて笑い飛ばしてしまったのです。

この話を聞いた源頼政は平家打倒を心に誓って兵をあげますが、かなり計画がずさんなものがあり、あっというまに命を落としてしまった訳です。

源頼茂も、自分が将軍になれない事に苛立ち、無謀な挙兵をしてしまい、命を失ってしまうので、その短気さは祖父譲りと言えます。

ただし、源頼政の挙兵がなければ、源頼朝が天下を取れたかどうかは分からなかったので、必要な挙兵だったかもしれませんね。

『鎌倉殿の13人』の見逃し配信を無料で見る方法

動画配信『U-NEXT』に入会した場合には『鎌倉殿の13人 第1〜47話』を見られます。

ただし、本ページの情報は2022年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第47話』の見所とまとめ

第47話では、源頼茂(井上ミョンジュ)が命を落としてしまい、ついに承久の乱が始まりましたね。

どんなものかなぁと思っていましたが、どうやらカットはされずに済むのでひと安心です。

しかし、北条政子の演説をあのように変えてしまうのは、三谷幸喜さんらしいですね。