南沙良は態度を変えても好感度が落ちない3つの理由!

南沙良さんは、態度を変えても好感度が下がらないので、その理由を3つまで、紹介します。

南沙良の態度が変わっても笠井信輔アナのサポートが秀逸

南沙良さんが『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2021』に参加した時に、ドラマとは打って変わって、凄く暗めに話し出してしまいました。

その理由を聞かれると、南沙良さんは「普段は暗いって言われます」と釈明して、周りの関係者たちも『そうだったんだな』と納得しました。

それでも、このままだと『ドマラの時とだいぶ態度が違うなぁ』と好感度が下がる所でしたが、笠井信輔アナが「実は、新垣結衣さんも一緒ですよ。新垣結衣さんも普段はああでもないのに、がんばってやってます」とフォローしてくれました。

ネットでも、南沙良さんの態度が悪いという声が少なくて「笠井アナのフォローさすがだったな」という声が多くて、今回の事に関しては、近くにナイスフォローをしてくれたので、態度を変えても好感度が下がらなかった訳ですね。

南沙良の態度より悪く感じられる女優がいたから?

www.instagram.com(引用)南沙良さんのように、マスコミの前で、どんな態度を出すのか?それは多くの視聴者が見ているので、態度によって好感度が大きく変わってしまいます。

以前に、沢尻エリカさんが、司会者から質問された時に「別に」と切り捨てた時があり、視聴者たちから「生意気だ」という批判が集中して、後になり謝罪する羽目になってしまいました。

その他にも、白石麻衣さんがスタッフに挨拶しなかったという動画がネットで拡散される事などがあって、その時の状況をあまり知らないうちに誤解される事が多々あります。

沢尻エリカさんにも事情があったはずですし、白石麻衣さんも挨拶するキッカケを逃したとか考え事をしていたとか、色々と考えられます。

それらのケースに比較したら、南沙良さんは暗めに喋っただけなので、他の女優と比較されて、好感度が落ちなかった可能性が高いです。

南沙良の態度で批判されないのは役柄に助けられた?

ドラマ『ドラゴン桜』シリーズの役柄では、快活な役だったのですが、映画『この子は邪悪』では少し性格が暗い役柄でした。

www.akira-movies-drama.comそのため、南沙良さんが暗く喋って、態度が変わっているように見えても、あまり批判されなかったのは、性格が暗い役を演じている事も大きかったと考えられます。