常葉朝陽役の田中圭と妻との馴れ初めについて紹介!ドラマ『リバーサルオーケストラ 第1話』

ドラマ『リバーサルオーケストラ 第1話』で、常葉朝陽役を演じていた田中圭さんは、奥さんと、どのような馴れ初めで結婚したのか?紹介します。

ドラマ『リバーサルオーケストラ 第1話』のキャスト

リバーサルオーケストラは、2023年1月11日から放送開始されました。

脚本&演出

登場人物&俳優

ドラマ『リバーサルオーケストラ 第1話』のストーリー

常葉朝陽は、外国のオケで指揮を取るほどの優秀な男性でしたが、関係者が「すいません、日本から連絡が来て、お母様が」と知らせて来たので、日本へ緊急帰国します。

その頃、谷岡初音は市役所で働きながら、その裏で音楽教室でバイオリンの演奏を子供に教えていました。

西さいたま市民会館で『こどもヴァイオリンコンクール』が開かれていましたが、あまりにも下手な演奏に、常葉朝陽は「あぁぁ!もう耐えられない」と鉛筆をへし折ってしまいます。

しかし、小野田隼から「あと2時間です」と耐えるようにさとされて、仕方なく続きを聞く事にすると、今までとは打って変わって、天才的に上手く演奏する少女が現れて、驚いてしまいます。

常葉朝陽は、すぐに資料を見ると、少女が通っていたのが『たにおかヴァイオリン教室』だと知って、小野田隼に調べさせる事にしました。

コンクールが終わり、常葉朝陽は、自分が担当するオケに演奏させようとしますが、平気で遅刻する者もいて「皆さんは、天才なんですか?僕がこの1週間見た限り、あなたがたは凡人です。それなのに努力しようとしない」

あまりにも厳しいダメ出しに、オケの者たちは返す言葉もありません。

しかし、常葉朝陽は、谷岡初音が以前まで神童と呼ばれたほどの天才ヴァイオリニストである事を知って、あの手この手の方法で勧誘して、ほぼ強引な形でオケに入れさせてしまいます。

はたして、こんな低レベルなオケに、腕の良いヴァイオリニストを1人入れたぐらいで、変われるのでしょうか?

『常葉朝陽役の田中圭と妻との馴れ初めについて紹介』

引用:https://www.ntv.co.jp/reveorche/story/01.html

常葉朝陽役を演じている田中圭さんは、元女優のさくらさんと結婚しましたが、その馴れ初めはドラマで共演した事と言われています。

参照元https://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110901-828652.html

日刊スポーツの報道によれば、田中圭さんと、さくらさんはドラマ『まっすぐな男』で共演をしていて、それから1年半も交際を続けて、結婚する事になりました。

参照元https://www.dailyshincho.jp/article/2019/10161215/?all=1&page=2

デイリー新潮によると、田中圭さん・さくらさん夫婦の知人が「田中圭さんからの猛アタック」と証言しているので、ドラマで共演した時に、田中圭さんが一目惚れした可能性が高いですね。

『リバーサルオーケストラ』を見られる動画配信

動画配信『Hulu』に初めて入会した場合には、ドラマ『リバーサルオーケストラ』を14日間は無料で見られるので、常葉朝陽のスパルタ指導するシーンを視聴できます。

初めて入会した後から14日過ぎたり、以前に登録した方が再登録した場合には月額料金1,026円(税込)かかりますが、多くの日本テレビのドラマを見られるので、オススメです。

ただし、2023年1月時点の情報なので、詳しい事は下にある『Hulu』サイトで確認してみて下さい。

ドラマ『リバーサルオーケストラ 第1話』の見所とまとめ

引用:https://www.ntv.co.jp/reveorche/

ドラマ『リバーサルオーケストラ 第1話』では、常葉朝陽役の田中圭さんが、ビシバシとスパルタ指導する所が、なかなか面白かったのですが、どうしても『のだめカンタービレ』と重なる所がありますね。

ただし、常葉朝陽と谷岡初音の関係性は、のだめカンタービレには無かったので、その辺りに期待したい所です。

常葉朝陽は、母親が危篤と聞いたから、緊急帰国したのに、戻ってみると元気だったので、父親に「ハメタな?」と怒って、小野田隼に「どこが危篤だよ、ピンピンしてるじゃねーかよ!」と怒鳴る所は最高に面白かったです。

父親は市長だったのに、シンフォニーホールを建設しようとすると、ポスト市長の座を狙う議員から「あんな下手なオケに、これほどの会場を満席にできる集客力があるんですか」と嫌味を言われてしまい、色々と大変そうです。

しかし「満席に出来なかったら、責任を取って市長を辞める」と言ったのは、いくら何でも勇み足でしあり、それを自分の息子に助けを求めるのも、なかなか情けない話でした。