グエン役の葵揚が日本人なのにカタコトで喋るのが上手な理由を紹介!ドラマ『ゼイチョー 第5話』

ドラマ『ゼイチョー 〜「払えない」にはワケがある〜 第5話』では、グエン役の葵揚さんは、日本人なのにカタコトで上手に喋っていました。

なぜ、外国人差ながらの喋り方が出来るのか?その理由について詳しく紹介しましょう。

ドラマ『ゼイチョー』のキャスト

ゼイチョー 〜「払えない」にはワケがある〜は、2023年10月14日から放送開始されました。

脚本&演出

  • 脚本:三浦駿斗
  • 演出:河合勇人&鯨岡弘識&長沼誠

登場人物&俳優

ドラマ『ゼイチョ』の登場人物や、俳優たちは以下の通りです。

みゆきの市役所の納税課徴税第三係
  • 饗庭蒼一郎(演:菊池風磨)みゆきの市役所納税課の徴税吏員
  • 百目鬼華子(演:山田杏奈)みゆきの市役所納税課の新人徴税吏員
  • 浜村宰(演:白洲迅)納税課徴税第三係の徴税吏員
  • 増野環(演:松田元太)徴税吏員でも、性格が優しすぎて徴収が苦手
  • 加茂原健介(演:鈴木もぐら)市民から嫌われる仕事にうんざり気味
  • 鷺沼宏樹(演:猪塚健太)納税課徴税第三係では最年長な人物
  • 橘勝(演:光石研)係長
みゆきの市役所の納税課徴税第一係
  • 日比野みのり(演:石田ひかり)第三係をライバル視している係長
その他の人物

ドラマ『ゼイチョー 第5話』のストーリー

加茂原健介が銭湯で、仲良くなったグエンが、国保税を滞納している事を知って「滞納しているままだと、そのうち家に入られて、物を取られちゃうよ」「そうなんですか?」

「自分は、税務庁の人間だから、一度、役所に来てもらえれば」と言って、力になる事を約束します。

後日、グエンは役所へ来ますが、滞納しているのは国保税だけではなく、住民税まで払っていなかったのです。

ところが、グエンは「日本の農家の人から、住民税は天引きしてくれるという約束でした」と言われるので、早速、農家の所まで足を運びます。

農家の女性は、普通徴収と書かれている紙を見せて、そこには天引きされない事が書かれていたのに、グエンのサインがされていまいた。

さらに、チュンというベトナム人女性まで、会社が天引きしてくれるという話だったのに、滞納になっていたと抗議してきました。

百目鬼華子や饗庭蒼一郎たちは、チュンが働いている派遣会社へ足を運びますが、そこでも、天引きされない契約書を出していたのです。

徴税吏員たちは、またしても、同じようなケースで、天引きされていない事に、少し不信感を抱いてしまいます。

そこで詳しく調べていったら、派遣会社が住民税分として、天引きしている分を違う口座に振り込んでいる事が判明しました。

饗庭蒼一郎は、悪徳派遣会社に「公務員をナメないで下さいよ」と言って、来日していた派遣社員たちに返金させて、税金を納めてもらい、事なきを得ます。

しかし、饗庭蒼一郎は『もしかして、あの農家も同じような事をしているんじゃないか?』と不信感を抱き、潜入捜査をしようとします。

はたして、グエンが働いていた農家まで、同じような不正を働いていたのでしょうか?

『グエン役の葵揚が日本人なのにカタコトで喋るのが上手な理由』

引用元:https://mashup-kabukicho.com/article/2497

グエン役の葵揚さんは、日本の大阪府出身ですが、実は両親は共に台湾人です。そのため、カタコトで喋る日本語に聴き慣れていた可能性があります。

葵揚さんは、たまに台湾へ行って、祖父母に会う事がありますが、体が細いことから「もっと食べなさい」と心配されているようです。

そのたびに、親不孝をしているなと思っていて、体を鍛えようと思っていますとコメントしていました。

大河ドラマ『いだてん』にも出演したほどの俳優なので、今後も色々な役に挑戦するかと思うので、目が離せない方ですね。

ドラマ『ゼイチョー 第5話』の見所とまとめ

引用:https://www.ntv.co.jp/zeicho/

第5話では、来日している外国人が、税金を滞納している話になりましたが、悪意がなく騙されている外国人も多くて、色々と考えさせられましたね。

これは、日本人にも同じ事が言えて、派遣社員はかなりギリギリの生活をさせられています。

やはり、職種に制限をかけないで、多くの職種で派遣社員で出来るようにして、所得の少ない人が増えたのが、日本の衰退の始まりだったのかもしれません。

グエン役の葵揚さんは、演技力が高くて頼もしい感じがするので、今後も多くのドラマに登場してくれそうですね。