映画『猿の惑星』猿のザイアス博士の唯一の優しい言葉

猿の惑星は、地球から打ち上げられた宇宙船がトラブルを起こしてしまい、ある星に不時着します。その星は、何と猿たちが、人間を家畜扱している所だったのです。テイラーは猿たちに捕まりますが、一部の友好的な猿たちのお陰で、なぜ人間たちが猿に迫害されているのか調べていくのです----- EXTENDED BODY:

映画『猿の惑星』では、猿であるザイアス博士がテイラーに厳しい事ばかり言ってきますが、その中でも、唯一、優しくかけた言葉があったので詳しく紹介しましょう。

猿の惑星』シリーズを見られる動画配信

猿の惑星シリーズを見られる動画配信は、U-NEXTです。

U-NEXTは基本の月額料金2,189円かかりますが、初入会の方であれば、31日間は基本料金が無料です。

猿の惑星』のキャスト

アメリカ合衆国で製作されたSF映画猿の惑星』は、1968年4月13日に日本で上映されました。DVDの収録時間は約112分になります。

監督&脚本&原作

猿の惑星シリーズ第一弾となる映画『猿の惑星』を製作したのが、フランクリン・J・シャフナー監督です。

登場人物と役者

猿に虐げられていく人間にスポットを当てた映画『猿の惑星』に登場する人物と役者さんたちを紹介します。

  • ジョージ・テイラー大佐/宇宙船の船長(演:チャールトン・ヘストン
  • ジーラ博士/テイラーに友好的な猿(演:キム・ハンター)
  • コーネリアスジーラ博士の婚約者(演:ロディ・マクドウォール
  • ザイアス博士/人間を敵視する猿の博士(演:モーリス・エヴァンス
  • ジュリアス/テイラーに高圧的な猿(演:バック・カータリアン) 
  • 議長/テイラーを審問する猿の議長(演:ジェームズ・ホイットモア)
  • ジョン・ランドン中尉/猿に手術される人間(演:ロバート・ガンナー)
  • トーマス・ドッジ中尉/テイラーと共に星を探検(演:ジェフ・バートン)
  • マリアン・スチュアート中尉/女性飛行士(演:ダイアン・スタンレー)

猿の惑星』のストーリー

湖に不時着した男性

地球から宇宙船が打ち上げられて、その中には、テイラーたち4人の宇宙飛行士たちが乗っていました。彼らは長い年月でも生きられるように、人工冬眠装置を利用して深い眠りにつきました。

テイラーの計算によれば、地球は2673年になっている頃になっているはずでした。ところが、宇宙船はある星に不時着してしまうのです。

その星は恐ろしい事に、猿たちが世界を支配していて、あっという間にテイラーたちは捕まってしまいました。ジラー博士という猿は、人間を使って実験をしていましたが、テイラーが何か喋ろうとしている仕草に注目します。

そこへザイアス博士がやってきて「猿のモノマネをしているだけだ」と切り捨てます。実は、この博士は猿は人間から進化してきたという逆の進化論を唱えていたので、人間が喋る事など絶対に認めていませんでした。

しかし、喉の調子が戻り「汚い猿め、触るな」と吐き捨ててきたので、多くの猿たちは『人間が喋った』と度肝を抜かれてしまいます。

テイラーは審問会にかけられてしまいますが、ジーラ博士たちはテイラーは高い知識を持つ生物であり他の星から来たと擁護します。ザイアス博士は、ジーラ博士たちを法廷侮辱罪によって起訴してしまうのです。

ジーラ博士は、このままで罪に問われると思って、自分たちが主張している進化論を証明するためにテイラーと一緒に禁止地帯へ足を運びます。ところが、ザイアス博士が追いかけてきて「知らないほうが良い」と語りかけてきました。

はたして、禁断の地域には何があるというのでしょうか?

『ザイアス博士の唯一の優しい言葉』

ここからは、ネタバレになるので、見たくない方は見ないようにして下さい。

禁断の地には、自由の女神像があり、それを見たテイラーは、ここが地球である事が、ようやく分かりました。

人間が禁断の戦争を行ってしまい、落ちぶれてしまって、猿が支配者になった事を悟り、絶望にうちひしがれてしまいます。

ザイアス博士が「知らないほうがいい」と言って、禁断の地に行かないようにしむけましたが、この言葉はテイラーにとって唯一の優しい言葉になった訳です。

映画『猿の惑星』シリーズのストーリー

下の広告をクリックしたら、猿の惑星シリーズのストーリーや豆知識を見る事ができます。

www.akira-movies-drama.com

猿の惑星』の豆知識

檻に入れられる人間

猿の惑星は、今でこそ、多くの方が見やすい映画になっていますが、この映画が上映された時はショッキングな内容で注目を集めました。そのような映画に関係する情報を紹介するので、良かったら、ご覧になってみて下さい。

反戦映画

多くの事を語ったら、ネタバレになるので書きませんが、この映画は反戦映画になっています。人類が戦争を起こしたら、とてつもなく悲惨な目にあってしまうぞと警告をするような内容になっているのです。

実際に人類は破滅するかもしれない時代がありました。それが、あの有名な『キューバ危機』でした。それはアメリカ合州国の隣国キューバで、ソ連がある兵器を密かに運ばせていたのです。

この時、アメリカ合衆国ケネディ大統領が、ソ連に撤退を要求して、軍隊を派遣したのです。

この時は、世界が最終戦争の危機にさらされたので、ここで一歩間違えたら人類の歴史は終わっていたかもしれません。

日本人を猿扱い?

猿の惑星の原作者 ピエール・ブールは、かつて東南アジアで、有色人種に働かせていた事がありました。

所が、日本軍がビルマを占領した時に捕虜になってしまうのです。そこで、原作者は今まで猿だと思っていたアジア人に、逆の立場となって捕まってしまった事から、猿の惑星を描くヒントになったと言われています。

しかし、ピエール・ブール自身が、そのような事を発言している訳ではないので、憶測の域を超えないのが実情です。

猿の惑星』の感想

砂漠のような荒地

テイラーたち人間が、猿たちに迫害されるというショッキングな映画『猿の惑星』を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

猿の惑星』の残念な所

猿の惑星シリーズ第一弾は、1960年代に日本で上映されたので、作りとかは少し安くっぽく感じます。特に猿の顔は、猿の惑星シリーズの最新作に比べたら、明らかに作り物と分かります。

そのため、最新作の猿の惑星を見ている方が、第一弾目の作品を見たら、少し安っぽさを感じてしまうでしょう。

猿の惑星』の見所

宇宙船が不時着している所は合成を使っているように感じますが、CGを使っていないのでリアルな映画に見えました。特に、チャールトン・ヘストンさんが猿たちから必死に逃げていくシーンは迫力があって見応えがありました。

そして、ノスタルジーなBGMが流れて、この辺りは1960年代の映画という感じがしましたね。

何しろ1960年代と言えば、おっさんな私でも、まだ生まれていない時代ですからね。そのため、ノスタルジーなBGMが流れている映画を見たい方には、おすすめの映画です。