AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


綾瀬千早(広瀬すず)が若宮詩暢の勝負にこだわる理由!映画『ちはやふる-下の句-』

映画『ちはやふる-下の句-』では、綾瀬千早(広瀬すず)が若宮詩暢(演:松岡茉優)の勝負にこだわるので、その理由について詳しく紹介するので参考にしてみて下さい。

映画『ちはやふる-下の句-』のキャスト

2016年4月29日に日本で上映された『ちはやふる-下の句-』は、日本で高い人気を集めた少女漫画を実写化した映画で、このシリーズでは第2部作となります(DVDの収録時間は102分)。

映画『ちはやふる-下の句-』の主題歌

今作の主題歌は、Perfumeというグループの『FLASH』という曲になります。Perfumeは、3人組(全て女性)のグループで、多くのヒット曲を出した事で知られていて、ポリリズムという曲で、一気に大ブレイクしました。

映画『ちはやふる-下の句-』のキャストの詳細

  • 綾瀬千早(演:広瀬すず)カルタ一筋の女子高生
  • 若宮詩暢(演:松岡茉優)競技カルタ界のクイーン
  • 真島太一(演:野村周平)瑞沢高校カルタ部の部長
  • 大江奏(演:上白石萌音)歌に恋する女子高生
  • 綿谷新(演:真剣佑)千早や太一の幼馴染
  • 西田優征(演:矢本悠馬)肉まんで覚えられる男性生徒
  • 駒野勉(演:森永悠希ガリ勉で机くんというニックネーム
  • 宮内妙子(演:松田美由紀)カルタ部の顧問
  • 原田秀雄(演:國村隼)千早や太一の元師匠
  • 須藤暁人(演:清水尋也)北央高校のエース

映画『ちはやふる-下の句-』のストーリー

下の句に登場する役者たち

引用:http://chihayafuru-movie.com/2016/index2.html

千早と太一は、新がカルタを辞めた事を知って、なぜカルタを辞めようとするのか福井まで訪れて、その真意を確かめようとします。

二人は、新にカルタを教えてくれていた祖父が亡くなってしまい、新がカルタを辞めた理由を知ってしまいます。そこで二人は自分たちがカルタを強くなって、新がカルタの世界に戻ってくる事を待つことにしました。

瑞沢高校は全国大会に向けて、準備を進めていましたが、その時にクイーンも参加する事を知ります。このクイーンとは、若宮詩暢という同じ女子高生にして、日本人女性の中では最もカルタが強い人物でした。

クイーンはカルタを素早く取るだけではなく、その正確性も高い事から圧倒的な強さを誇っていました。ただし、そんなクイーンでも新には勝つ事ができなかった事も知ります。

若宮詩暢も新がカルタを辞めようとしている事を知って、なじりますが、そこに自分が好きなアニメのタオルがかけているのを見て「これは限定モンや、あんたのモンじゃなかったら、返してあげ」と言い残して立ち去ります。

そして、瑞沢高校カルタ部の部員たちは、それぞれ個人戦に挑みます。千早は、ようやくクイーンと対戦する事になりますが、その時、クイーンは千早が持っていたタオルに目を見張ります。

そのタオルは、新の家にかけられた物と同じだったので「あんたか」とつぶやいて、この女こそがライバル新の知り合いだったのかと闘争心を燃やします。

はたして、綾瀬千早と若宮詩暢の勝負の行方はどうなるのでしょうか?

『綾瀬千早(広瀬すず)が若宮詩暢の勝負にこだわった理由』

綾瀬千早(広瀬すず)は、幼馴染の新がカルタを辞めようとしているので、何がなんでもカルタ界で活躍をして、新に再びカルタの世界へ振り向いてもらおうとしました。

その時に注目したのが、カルタ界のクイーンと言われるほどの実力者 若宮詩暢(演:松岡茉優)でした。

若宮詩暢に勝てたら、もしかしたら新が戻ってくるかもしれないと思ったのでしょう。そのため、綾瀬千早は若宮詩暢との勝負にこだわったと言えます。

ちはやふる-下の句-の豆知識『競技カルタ』

ちはやふるは、高校生たちが競技カルタで勝負していますが、この競技カルタというのは『上の句』だけが読まれて『下の句』が読まれません。

そのため、下の句を覚えていなければ、どのフダを取れば良いのか分からないという訳ですね。

参照元https://akinotakai.net/about_karuta/rules01/

映画を見れば分かるかと思いますが、競技カルタでは札を陣地という場所に置く必要があり、自分の陣地『自陣』と呼び、相手の陣地は『相手陣』と呼びます。

勝つためには、自陣の札を全て無くす必要がありますが、相手の陣のフダを取っても、後で自陣のフダを相手の陣を送る事も可能です。

フダを取る時は指で掴むのではなく、手のひらで素早く払っていきます。カルタと聞いたら、おっとりとした遊びのように感じるかもしれませんが、競技かるたは素早くフダを払う必要があるので、スポーツの域に達しています。

ちはやふる』シリーズの豆知識

下の内部リンクをタップ(クリック )したら、ちはやふるシリーズの全作品の豆知識・キャスト・ストーリーなどを見られるので、良かったら参考にしてみて下さい。

www.akira-movies-drama.com

映画『ちはやふる-下の句-』の感想

下の句に出てくる3つのシーン

引用:http://chihayafuru-movie.com/2016/index2.html

ちはやふる-下の句-では、前作の上の句とは違って、千早とクイーンの戦いに焦点が絞られていくストーリーになっています。

そのような激しい女性同士の戦いが行われる今作は、どのような映画なのか?私が、ちはやふる-下の句-を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

ちはやふる-下の句-のオススメ層

競技カルタで競い合いながら、若い高校生たちの恋愛感情を混ざっていくので、幅広い年齢層の方たちが満足できる恋愛映画になっています。

しかし、どちらかと言えば、若い人たちばかりが出ているので、シニア層よりは若年層寄りの内容と言えますね。

  • カルタ好き:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 古典好き:⭐️⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️⭐️

ちはやふる-下の句-の残念な所

今作では、圧倒的な強さを誇るクイーンでさえ、新に歯が立たなかった話が何回も出てきました。

実際にクイーンはカルタを辞めたライバルを激しくなじっているので、そのようなストーリー展開であれば、是非ともクイーンが新に負けてしまうシーンを登場させて欲しかったですね。

そのようなシーンがあれば、クイーンが新を激しくなじる気持ちが、さらに納得できるので、その辺りが残念な所でしたね。

おそらく今作ではクイーンが圧倒的な存在である事を知らせるために、クイーンが負けてしまう所はあまり見せないほうが良いという側面があるのは理解できますが、新とクイーンの戦いは見たかったです。

ちはやふる-下の句-の見所

下の句でもカルタ部の部員たちが団結していくシーンがありますが、それよりもクイーンの個性的でツンデレの性格が面白みがあって、見ていて楽しかったですね。

そして千早・太一・新たちが、それぞれカルタは独りで行うものではないと心を改めていく事に対して、カルタは独りでするものと考えているクイーンは、対照的な存在でした。

そのような対極となる人物が千早と個人戦で火花を散らす所は、この映画の大きな見所です。