エマのような殺人犯は多くの女性がなり得る?映画『キラー・サスペクト』

映画『キラー・サスペクト』では、残酷な殺人犯エマが、次々に雇い主を始末していきますが、多くの女性がなり得る可能性があるので詳しく紹介しましょう。

映画『キラー・サスペクト』のキャスト

イギリスのサスペンス映画『キラー・サスペクト』は、2016年に制作されました。DVDの収録時間は113分です。

監督&脚本

資本主義国の暗い部分をあぶりだすサスペンス映画を制作したのが、トム・ローズ監督です。

  • 監督:トム・ローズ
  • 脚本:トム・ローズ

俳優

特別な能力を持つレナードと、イギリスの北部へ逃避行を続ける少女エマが、対立していくサスペンス映画に出演した役者たちを紹介します。

  • コズモ・ジャーヴィス
  • ジョー・ウッドコック
  • パトリス・ナイアムバーナ
  • リズ・メイ・ブライス
  • リー・ボードマン
  • ジェームズ・コスモ

映画『キラー・サスペクト』のストーリー

イギリスで、前代未聞の事件が起きていました。それは銀行の預金7億ポンドを独りの男が着服するという事件。刑事は「この件で、年金受給者が路頭に迷ってしまう」と迫りますが、男は「関係ない」と冷淡な態度を取るのです。

お金を着服している男と付き合っていた少女エマは、警察から追われる身になってしまいます。そこで、エマはロンドンから北のほうへ逃避行の旅を始めます。

エマは、ダニエルズに雇ってもらえるように頼み込みますが、途中で追われている身である事がバレてしまいます。

ダニエルズは、弱みにつけこんでエマをこき使ってしまうので、エマの心の中で悪魔が育ち始めてしまいました。

『私が悪い訳じゃないのに、足元を見やがって』と恨み、ダニエルズを病死に見せかけて殺害してしまいます。それからも、雇い主をかえながらも、再び殺害してしまい、もはや富裕層を憎しみの対象でしか見られなくなっていました。

イギリス版のCIAと呼ばれている『BCA』では、色を聴き音を見る事によって、見えないものが見えるレナードが、エマを捕まえようとします。はたして、エマの暴挙を止める事ができるのでしょうか?

『エマのような殺人犯は多くの女性がなり得る理由』

不法にお金を着服した男は、何も言わず女性にお金を送ったり、プレゼントを送ったりする場合があります。

そのため、誰もエマのような環境に陥る可能性があり、その弱みにつけこむ人間が多いのも事実です。

エマは、最初から殺人鬼だった訳ではなかったのですが、不遇の環境や弱みにつけこむ人間たちに怒りを覚えて、少しずつ殺人鬼に変わっていきました。そのような事を考えたら、誰もがエマになり得る可能性があるので、注意したほうが良いです。

『キラー・サスペクト』と他の映画を比較

映画『ずっと独身でいるつもり』でも、鈴木美穂(演:松村沙友理)が、不法にお金を着服した男から、お金をもらってしまって、それをネタに脅されてしまいます。

鈴木美穂は、お金の山分けを強要される上に、体まで求められてしまって、大変な目にあってしまいます。

キラー・サスペクトと違うのは、ギリギリの所で鈴木美穂が考えを改める所でした。

松村沙友ファンにしてみれば、辛く感じてしまうシーンもありますが、女優として頑張ろうとする姿が見られるので、一見の価値があります。

www.akira-movies-drama.com

映画『キラー・サスペクト』の豆知識

キラー・サスペクトでは、エマが北のほうへ逃避行を続ける中で、富裕層を憎むようになっていきます。そこで、この映画をさらに知ってもらうために、イギリス北部の情報や、資本主義の闇について紹介しましょう。

イギリスの地域格差

イギリスの首都ロンドンは、人口が約878万人もいますが、イギリス全体の人口は約6600万人にしかなりません。さらにイギリスは南部は金融業で栄えていますが、北部は経済状況が悪化していて、南北格差に苦しんでいるのです(2017年時点)。

キラーサスペクトでは、エマが逃避行先に北部を選んだのも、このようにロンドンの捜査官たちの目が届いづらい背景がありました。

ただし、このような地域格差もあって、イギリスではスコットランドで独立の気運が高まった事もあるので、今後もイギリスの動向に世界が注目しています。

資本主義の闇

エマが富裕層を憎む構図は、資本主義国ではよくある話です。実際に日本でも生活保護受給者よりも収入が少なくて苦しんでいる方がいる一方で、年収ガイドの調べによれば、年収1億円以上の方は、日本で1万4,000人を超えます(2016年時点)。

キラーサスペクトでは、富裕層が犠牲になっても、大衆が同情しないのも収入格差が広がりやすい資本主義の闇が大きく関係しています。

そのような事もあって、フランスの経済学者トマ・ピケティ氏が『21世紀の資本』で収入格差を取り上げ事もあって、日本では21世紀の資本を取り上げたマンガ本が出るようになりました。

映画『キラー・サスペクト』の感想

キラー・サスペクトでは、特別な能力を持つレナードが犯罪者を追い詰めるだけの話ではなく、収入格差も出てきます。そのようなストーリーが展開されるサスペンス映画を見た感想を紹介するので、参考にしてみて下さい。

キラー・サスペクトのオススメ層

女性が、安易に男からプレゼントを受け取ってしまった事により、人生を台無しにされてしまうので、ぜひとも女性に見て欲しい映画ですね。

少し、エマには同情する所があり、最初の雇い主は軽蔑してしまいますが、人間の性格が変わっていく所は見応えがあります。

  • 男性:⭐️⭐️⭐️
  • 女性:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • キッズ:⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️

キラー・サスペクトの残念な所

エマが男とは関係がないような事を言っておきながら、逃避行を続ける時点で、大きな矛盾を感じる映画でした。もしも関係がないのなら、逃げる必要がないので、その辺りはもう少し丁寧に描いて欲しい所でしたね。

ラストシーンでも、犯罪者の構図があまり詳細に説明がなかったので、その辺りも残念な所でしたね。

キラー・サスペクトの見所

私がキラー・サスペクトを見て思った事は、特別な能力を持つ人物が犯罪者を追い詰める所よりも、収入格差やマスコミの問題を取り上げた所でした。

少し汚い方法でお金を稼いでいるとは言え、罪もない富裕層が犠牲になっているのに、大衆がエマに同情する事にレナードが違和感を抱くあたりは、収入格差の難しさをよく表していました。

さらに大衆を後押しするような記事を掲載するマスコミも、簡単に前言をひるがえす日本のマスコミと酷似しているなぁと思って、面白みがありましたね。