操(本仮屋ユイカ)の旅館が簡単につぶれた原因!ドラマ『コンフィデンスマンJP 第2話』

f:id:akira2013web:20220107143219p:plain

引用:https://www.fujitv.co.jp/confidenceman_jp/index.html

ドラマ『コンフィデンスマンJP 第2話』では、操(本仮屋ユイカ)の旅館が簡単につぶれてしまったので、その原因について詳しく紹介しましょう。

ドラマ『コンフィデンスマンJP 第2話』のキャスト

コメディドラマ『コンフィデンスマンJP』は、2018年4月9日〜2018年6月11日で放送されました。

登場人物&俳優

主題歌

ドラマ『コンフィデンスマンJP』の主題歌(エンディングテーマ)は、Official髭男dismの『ノーダウト』です。

ドラマ『コンフィデンスマンJP 第2話』のストーリー

ダー子たちは、ロシアのマフィアたちを寿司屋に連れていって「ここで握られるお寿司は本物です」と勧めて、その味に感心して「ロシアに進出してみないか?」と満足します。

ところが、そこに警備員がやってきて「何やってるの?勝手に入ってきちゃダメだよ」と言ってくるので、ダー子たちは急いで逃げていき、マフィアたちは「待てコラ!」と追いかけてきますが、上手く逃げ切る事ができました。

ダー子たちは反省する事もなく、パーティーを開いてしまうので、ボクちゃんは「反省する所だろう!ボクはもう引退する」と出ていきます。しかし、ダー子は「どうせ2ヶ月ぐらいで戻ってくるでしょう」と笑ってしまうのです。

そうしたら、本当に2ヶ月後に、ボクちゃんが戻ってくるので、ダー子やリチャードは大喜びします。

ボクちゃんは「実は、まっとうな人生を歩もうとして、老舗旅館『すずや』で働こうとしたら、桜田しず子が強引なリゾート開発してきて、悪評を拡散されて、すずやが買収される事になってしまったんだ」と相談します。

なんとか、桜田しず子から1億5000万円までだまし取って、すずやを立ち直らせたいというので、ダー子たちは「はい!次に美味しいお魚ちゃんをいただきました」。

はたして、本当にお金を騙し取り、すずやを立ち直らせる事ができるのでしょうか?

『操(本仮屋ユイカ)の旅館が簡単につぶれた原因』

操(本仮屋ユイカ)の旅館がつぶれて、桜田しず子によって簡単に買収された理由は大きく分けて2つ挙げられます。

まず、1つ目は悪評を拡散されてしまって、お客の足が遠のいてしまった事です。最近では、多くの日本人がSNSを利用しているので、客の数が少なくなったのは仕方のない事でしょう。

2つ目は、老舗旅館で、少し建物が古くなっている事が挙げられます。実は、日本の古い旅館を好きになるお客もいますが、新しくて豪華な設備を整えたホテルのほうが好きな人も増えているので、そういった人々をお客にできなかったのも痛かったです。

ドラマ『コンフィデンスマンJP』を見られる動画配信

詐欺師たちが活躍するドラマ『コンフィデンスマンJP 第1〜10話』は、動画配信『FODプレミアム』で見られます。

ただし、本ページの情報は2022年1月時点のものです。最新の配信状況はFODプレミアムサイトにてご確認ください。

ドラマ『コンフィデンスマンJP 第2話』の見所とまとめ

第2話では、操の旅館が買収されそうになりますが、やはり本仮屋ユイカさんは悲しげな登場人物を演じるのが上手いですね。

さらに、吉瀬美智子さんが悪役を演じるのもアタリ役だし、なかなかのキャストでした。

しかし、ダー子が泣き落としの演技をしてきた時に、リチャードが「ひどいアドリブだ」とつぶやいた時は、なかなか面白くて笑ってしまいましたね。

ラストシーンでは、暴走するボクちゃんでしたが、ダー子にからかわれにからかわれて「だーっはっはっは」と大笑いされるのは爆笑ものでした。