野々宮新琉(演:永井大)が他の番組をパクる?ドラマ『コンフィデンスマンJP 第5話』

f:id:akira2013web:20220107143219p:plain

引用:https://www.fujitv.co.jp/confidenceman_jp/index.html

ドラマ『コンフィデンスマンJP 第5話』では、野々宮新琉(演:永井大)が他の番組をパクってしまうので、詳しく紹介しましょう。

ドラマ『コンフィデンスマンJP 第5話』のキャスト

コメディドラマ『コンフィデンスマンJP』は、2018年4月9日〜2018年6月11日で放送されました。

登場人物&俳優

  • ダー子(演:長澤まさみ)リチャードをからかう女詐欺師
  • ボクちゃん(演:東出昌大)外科医を街で見かける人物
  • リチャード(演:小日向文世)盲腸の手術を受ける男性
  • 五十嵐(演:小手伸也)手術中に血を見て倒れこむ
  • 野々宮ナンシー(演:かたせ梨乃)野々宮総合病院の理事長
  • 野々宮新琉(演:永井大)ナンシーの息子で、スーパードクター
  • 田淵安晴(演:正名僕蔵)野々宮総合病院の元外科医
  • ドクターデンジャラス(演:我修院達也)医療映画の主人公

主題歌

ドラマ『コンフィデンスマンJP』の主題歌(エンディングテーマ)は、Official髭男dismの『ノーダウト』です。

ドラマ『コンフィデンスマンJP 第5話』のストーリー

野々宮総合病院で、リチャードは盲腸の手術を受ける事になるので、スーパードクターと噂される野々宮新琉にオペしてもらおうとしました。

ところが、リチャードを担当するのが田淵安晴だったので、ダー子が「ここはお金をつんで、医師を代えてもらおう」とヒソヒソ話しますが、ボクちゃんは「いや、その必要はない、リチャードはただの盲腸だ」。

「ただの盲腸って何だ!盲腸だって大変なんだぞ」と抗議しますが、リチャードは連れていかれて、なんとか無事に手術が済みます。

ところが、ボクちゃんは街中で、田淵安晴が交通整備の仕事をしていたので『どうしたんだ?』と気になって話を聞きだしました。

そうしたら、田淵安晴が手術をして、簡単な所だけを野々宮新琉がして、あたかも難しい手術ができるスーパードクターと思われるようになったのです。

田淵安晴は『それでも患者が救われるなら』と我慢してきましたが、昇給を願い出たら、野々宮ナンシー理事長によってアッサリとクビにされてしまいました。

ボクちゃんは、あまりにもヒドイ話だと思って、ダー子たちと一緒にヒドイ親子をこらしめようとします。

病院にボクちゃんは名医として潜り込んで、理事長の体調が不調と言うので、精密検査を受けさせます。かなり難しい手術になりますが、それでも理事長は田淵安晴に頭を下げようとしません。

そこで、ダー子が名医となりすまして、3億円以上ものお金を要求しますが「手術が成功したら、払ってやるわ」と言われてしまうのです!

『野々宮新琉(演:永井大)が他の番組をパクる』

野々宮新琉(演:永井大)は、難しいオペで患者を救っていきますが、その映像の写し方や音楽は、NHKの『プロフェッショナル 仕事の流儀』にソックリだったのです。

他の番組でも、よくパクられてしまうので、仕方のない所かもしれませんね(苦笑)。

プロフェッショナルの主題歌は、スガシカオさんの『Progress』です。なかなか思うようにいかなくて、苦しんでいる大人が、もう少しだけ頑張ってみようと思わせる歌詞になっています。

まさに、プロとして頑張っている人を特集している番組には、うってつけの主題歌と言えるでしょう。

ドラマ『コンフィデンスマンJP』を見られる動画配信

詐欺師たちが活躍するドラマ『コンフィデンスマンJP 第1〜10話』は、動画配信『FODプレミアム』で見られます。

ただし、本ページの情報は2022年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

ドラマ『コンフィデンスマンJP 第5話』の見所とまとめ

第5話では、野々宮新琉(演:永井大)がプロフェッショナルの音楽が流れる中で登場するので、苦笑いしてしまいました。

笑ってはいけないというシリーズでも、使われた事があるので、今後も他の作品でこうやって使われていくのでしょう。

手術の画面が出てきますが、現代の医療は、やはり凄いなぁと思ってしまいました。ラストシーンでは、医師にとって大事なものが何か?それは技術だけではないという事が分かって、少し感動的な内容でした。