AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


木皿花枝が芦田春樹にだけ耳の手術を言わない理由!ドラマ『ファイトソング 第8話』

ドラマ『ファイトソング 第8話』でも、木皿花枝は芦田春樹にだけ耳の手術を言おうとしないので、その理由について考察してみたので参考にしてみて下さい。

ドラマ『ファイトソング 第8話』のキャスト

ファイトソングは、TBSで2022年1月11日から放送開始されました。

脚本&演出

登場人物&俳優

  • 木皿花枝(演:清原果耶)交通事故で空手選手の道を閉ざされた少女
  • 芦田春樹(演:間宮祥太朗)木皿花枝の好きな曲の作者
  • 花枝の母(演:さとうほなみ)若くして亡くなってしまった女性
  • 花枝の父(演:河相我聞)妻が亡くなった後にいなくなった男性
  • 夏川慎吾(演:菊池風磨)木皿花枝に恋する男性
  • 伊達弓子(演:栗山千明)事務所のマネージャー
  • 立石正嗣(演:橋本じゅん)木皿花枝の担当医
  • 迫智也(演:戸次重幸)理髪店『BARBER SACCO』の店長
  • 磯辺直美(演:稲森いずみ)あさひ学園の施設長
  • 烏丸薫(演:東啓介)芦田春樹の音楽仲間
  • 萩原凛(演:藤原さくら)あさひ学園の幼馴染
  • ヒデ(演:若林時英)芸人を目指す男性
  • 俊哉(演:窪塚愛流サンシャイン・クリーニングの社員
  • 松田穂香(演:莉子)児童養護施設で暮らしている高校生

ドラマ『ファイトソング 第8話』のストーリー

芦田春樹が、ラジオで生歌を披露している最中に、木皿花枝が体調が悪くなり、倒れそうになってしまうので、夏川慎吾は慌てて「花枝!」と支えてあげます。

木皿花枝は、それから車の中で、芦田春樹の少し抜けた感じのラジオトークを聞いて、思わず笑ってしまいました。

帰宅した後に『そうだ、手術の1日前まで、恋の取り組みをするのは難しいなぁ』と思いって、芦田春樹に「申し訳ないんですけど、取り組み期間の終了日を早めてくれませんか?」と頼んでしまうので「え?なんで」。

芦田春樹は、いたても経ってもいられなくなり、木皿花枝とファミレスで待ち合わせをして、いい思い出を作ろうとして、店内でキスをしてしまうのです。

店員は、注文を聞きたかったのに、どうすればいいのだろうかと戸惑ってしまい、木皿花枝は「バカップルだ」と思わず笑ってしまいます。

木皿花枝は、耳が聞こえなくなる前に、自分を捨てた父親の声が聴きたくなり、夏川慎吾に協力してもらって、遠くから父親の声を聞いて複雑な気持ちになってしまいました。

そして、木皿花枝はついに、芦田春樹に別れを告げようとしますが「俺は別れたくない」「私はそこまでじゃないです。恋愛に引きずられるのは嫌なんです……さよなら」。

木皿花枝は、辛いハズなのに、笑顔を浮かべて立ち去っていきます。はたして、二人の関係は、これで本当に終わってしまうのでしょうか?

『木皿花枝が芦田春樹にだけ耳の手術を言わない理由』

木皿花枝が芦田春樹にだけ耳の手術を言わないので、夏川慎吾は『本当に、これで良いのか?』と思ってしまいます(上の動画は、清原果耶さんが出演していた映画『まともじゃないのは君も一緒』です)。

なぜ、木皿花枝は好きな人にだけ、耳の手術を言わないのか気になる方は多いでしょう。恐らく、好きな人の重荷になりたくないと思って、好きな人にだけは言いたくなかったハズです。

幸か不幸か?夏川慎吾は、そこまで大事に思われていなかったので、耳の手術を聞く事ができました。

ドラマ『ファイトソング 第8話』の見所とまとめ

f:id:akira2013web:20220117010521p:plain

引用:https://www.tbs.co.jp/fight_song_tbs2022/

第8話では、木皿花枝が芦田春樹にだけ耳の手術を言わないまま、ついに別れてしまいました。

ラストシーンで、耳の手術を受けますが、芦田春樹が彼女に会おうとしても、夏川慎吾が邪魔をしてしまうので、恐らく木皿花枝の耳が聞こえなくなったのかもしれません。

次回は、2年後からスタートするようなので、芦田春樹がミュージシャンとして成功するのか?木皿花枝の耳の手術が成功するのか?気になる事が多いので、早く見たいですね。