AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


美波役の鈴木砂羽が椎名桔平で苦労した事とは?ドラマ『ゴシップ 第10話』

f:id:akira2013web:20220113221518p:plain

引用:https://www.fujitv.co.jp/gossip/index.html

ドラマ『ゴシップ 第10話』で、美波役を演じた鈴木砂羽さんが、椎名桔平さんで苦労した事があったので詳しく紹介しましょう。

ドラマ『ゴシップ 第10話』のキャスト

ゴシップ#彼女が知りたい本当の〇〇は、2022年1日6日から、フジテレビで放送開始されました。

企画&脚本

登場人物&俳優

  • 瀬古凛々子(演:黒木華)元経理部の女性社員で、氷のように冷めた性格
  • 根津道春(演:溝端淳平)瀬古凛々子と仲が悪い同期の男性社員
  • 下馬蹴人(演:野村周平)自社を卑下する人物
  • 椛谷静司(演:野間口徹)体力を使う仕事を嫌う男性社員
  • 一本真琴(演:石井杏奈)勝ち組になれず嘆く
  • 山田礼二(演:生瀬勝久)穏やかな性格をした編集長
  • 矢部涼介(演:一ノ瀬颯)一本真琴の同期
  • 仁和正樹(演:安藤政信)瀬古凛々子を利用して同期を蹴落とす
  • 竹富喜一郎(演:大鶴義丹)カンフルNEWSを批判する司会者
  • 女性アナウンサー(演:宇垣美里)竹富喜一郎をサポートする女子アナ
  • 黄実子(演:りょう)薬膳カフェの店長
  • 笹目虎太郎(演:寛一郎)瀬古凛々子に近く男
  • 阿万野久二夫(演:津村和幸)芸能事務所の社長
  • 結城玄(演:河野達郎)悪い噂のある審査委員長
  • 美波(演:鈴木砂羽)結城の妻

ドラマ『ゴシップ 第10話』のストーリー

瀬古凛々子は、ついに目標だった5000万PVを達成しましたが、仁和正樹から、永鳥社が主催する永鳥新人文学賞で怪しい取引があった事を知らされます。

そこで、裏取引をして、結城玄が賄賂を受け取ったのか?瀬古凛々子たちは取材しようとしたら、結城玄の妻 美波が対応する事になり「仁和から言われてきたの?あの人の事だから、私が仁和と付き合っていた事は教えてもらっていないんでしょう」

衝撃的な事実を知らされて、大きなショックを受けてしまい、根津道春は仁和正樹に「こういう事は事前に教えて下さい。そうでないと困ります」「悪かった、これからは気をつけるよ」

美波は、これ以上は隠しきれないと思ったのか?瀬古凛々子たちのもとを訪ねて「実は、夫の目が悪くなっていて、私が代わりに執筆していたの。それをあの男がかぎつけて、自分が面倒を見ている作家に賞を与えるように要求してきたのよ」

出来レースは書いても構わない、でも夫の目の事は書かないで」と頼まれますが「それは約束できません」「あなただって愛する人がいるでしょう?」

瀬古凛々子は、仁和正樹に「出来レースだけを書いて、目の事や代筆していた事は書きません」と言ってしまいます。

仁和正樹は、独りになって「瀬古、お前も普通になったなぁ」と寂しくつぶやきますが、今後、二人の関係はどうなってしまうのでしょうか?

『美波役の鈴木砂羽椎名桔平で苦労した事』

美波役を演じた鈴木砂羽さんは、椎名桔平さんと一緒に『連続ドラマW 神の手』の完成披露部隊に出ましたが、そこで『どうやって距離を縮められば良いのか?』凄く苦労したようです。

以前にも共演した事もあり、役柄上、積極的に「イケメ〜ン」とアプローチしなくてはいけなかったのです。

私にとって、鈴木砂羽さんと言えば、相棒に出演していたイメージが強かったのですが、相棒以外のドラマでは少し違う雰囲気が感じられるので、なかなか新鮮でした。

ドラマ『ゴシップ 第10話』のまとめ

美波(演:鈴木砂羽)を見た時は、思わず『相棒の奥さんじゃないか!』と思ってしまいました(苦笑)。

映画&ドラマブログを運営しているので、本当は相棒を投稿したいんですが、さすがにあそこまで長編シリーズになったら、投稿するのも大変すぎて、手が出せない状態です。

それでも、プロブロガーになったら、相棒の記事を投稿してみるのも悪くはないかなと思う今日このごろです。