AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


甘春杏役の本田翼の甘塩っぱい思い出はゲームに必須?ドラマ『ラジエーションハウス 第11話』

ドラマ『ラジエーションハウス 第11話』で、甘春杏役を演じた本田翼さんには、甘塩っぱい思い出があったので、どのような思い出か詳しく紹介しましょう。

ドラマ『ラジエーションハウス 第11話』のキャスト

ラジエーションハウス  第1シリーズは、フジテレビ系列で、2019年4月8日〜6月17日の間に放送されました。

脚本&原作

登場人物&俳優

  • 五十嵐唯織(演:窪田正孝)好きな人のために放射線技師になった男性
  • 甘春杏(演:本田翼)幼馴染の五十嵐唯織を忘れてしまった女医
  • 広瀬裕乃(演:広瀬アリス)五十嵐唯織と同期の放射線技師
  • 小野寺俊夫(演:遠藤憲一放射線技師長
  • 黒羽たまき(演:山口紗弥加)技師長を何とも思わない部下
  • 軒下五郎(演:浜野謙太)女好きの放射線技師
  • 威能圭(演:丸山智己)口数が少なくて冷静な放射線技師
  • 悠木倫(演:矢野聖人)五十嵐唯織の動向に呆れてしまう放射線技師
  • 辻村駿太郎(演:鈴木伸之)技師を認めるようになった医師
  • 鏑木安富(演:浅野和之放射線技師に注文ばかりする診療部長
  • 大森渚(演:和久井映見)甘春総合病院の病院長

ドラマ『ラジエーションハウス 第11話』のストーリー

甘春杏は、父親の難しい手術をしようとしますが、上手くいかず手が止まってしまいます。そうしたら、五十嵐唯織は「僕がやります」と代わろうとするので、辻村駿太郎は「ちょっと待て!医師免許を持っていない者が手術をするのは医師法違反だぞ」

「……免許なら持っています」「何?免許を持っている」多くの医師や技師たちが『嘘でしょ?』と唖然としてしまうのです。

手術は無事に成功しますが、それ以来、多くの技師たちが「僕たちの事をバカにしていたんでしょ?」とそっけない態度を取るようになり、五十嵐唯織は孤立していきました。

しかし、技師たちは五十嵐唯織のいない所で「普通、医師免許持っていたら、自慢しますよね?」「あれだけ患者の事を思っていたのに」と理解できないでいました。

医師会は、技師が勝手に手術をしたと思い込んでいたので、問題にしょうとして、マスコミも取り上げ始めていました。

鏑木安富は「院長、どうするんですか?今回も五十嵐が関係しているんでしょ?」と慌ててしまいますが「実は、五十嵐くん。医師免許を持っているんです」と教えられて「えぇ!」と驚いてしまうのです。

しかし、医師会はあくまでも問題にしようとして、多くの患者たちは甘春総合病院の検査をキャンセルしてしまいます。五十嵐唯織は責任を感じてしまいますが、どうなってしまうのでしょうか?

『甘春杏役の本田翼の甘塩っぱい思い出はゲームに必須?』

甘春杏役の本田翼さんは、大のゲーム好きとして知られていて、三幸製菓株式会社の『雪の宿』を食べながら、ゲームをしていると打ち明けた事があります。

甘塩っぱいお菓子ですが、手があまりベトベトしないので、その辺りを気に入っているようですね。ゲーマーは長時間、ゲームをするので、手を汚さないでお菓子を食べられるのは、必須とも言えるお菓子かもしれません(苦笑)。

そして、本田翼さんは中学生時代にも甘塩っぱい思い出があったようで、バレンタインデーの時に、好きな男子に手作りチョコを渡そうとしたら、その男子がインフルエンザで休み始めてしまったのです。

仕方ないと思って、自分で食べる羽目になってしまい「しょっぱぁい」思い出になったみたいですが、本田翼さんの男性ファンは少しホッとしたかもしれませんね。

雪の宿は、甘めのミルクみたいなものが付いているおせんべいですが、実は私の地元の新潟市に本部を置く会社です。

おせんべいとは、新潟らしい話ですが、まさか、あの美しい本田翼さんがおせんべいのCMに出るとは夢にも思わなかったです。ダイエットしてなければ、自分も雪の宿を食べたいぐらいでしたね。

雪の宿のCMでは、少しファンタジーで美しい感じで作られましたが、それはやはり本田翼さんの美しさが高く評価されて、そのようなCMになったのかもしれません。

そんな本田翼さんのプロフィールは、以下の通りです。

  • 名前:本田翼
  • 星座:かに座
  • 趣味:ゲーム(ドラクエ派)
  • 出身地:東京都
  • 血液型:O型
  • 出身地:1992年6月27日

ドラマ『ラジエーションハウス 第11話』の見所とまとめ

f:id:akira2013web:20220302234343p:plain

引用:https://www.fujitv.co.jp/radiationhouse/index.html

第11話で最終回ですが、あとは特別編もあるので、もう少しだけシーズン1は続きます。

五十嵐唯織が、技師たちに「子供の時に、杏ちゃんとの約束を守るために、世界一の技師になろうとしたら、気づいたら医師免許を持っていました」と言ったら「お前、バカか?それだけのために」と言われるのは、なかなか面白かったですね。

実は、私は映画&ドラマブログを休止状態にして、このドラマはいちから作り直した訳ですが、休止状態の時にシーズン2が放送されていたので、まだシーズン2は見ていません。

そのため、シーズン2では、本田翼さんや窪田正孝さんたちが、どんな活躍をしていたのか?凄く気になる所です。