藤井マコ役の豊嶋花が丸美屋のCMに出演?映画『劇場版 おいしい給食 Final Battle』

映画『劇場版 おいしい給食 Final Battle』で、藤井マコ役を演じた豊嶋花さんは、丸美屋のCMにも出演した事があるので詳しく紹介しましょう。

映画『劇場版 おいしい給食 Final Battle』のキャスト

日本のグルメ映画『劇場版 おいしい給食 Final Battle』は、年に公開されました。

監督&脚本

登場人物&俳優

  • 甘利田幸男(演:市原隼人)給食のためだけに学校へ来る担任の教師
  • 御園ひとみ(演:武田玲奈)甘利田幸男と同じクラスの副担任
  • 神野ゴウ(演:佐藤大志)生徒なのに、給食で甘利田幸男と張り合う
  • 藤井マコ(演:豊嶋花)神野ゴウに想いを寄せる女子
  • 牧野 文枝(演:いとうまい子)常節中学校の給食の配膳をする女性
  • 佐野正輝(演:水野勝)教育実習中でも、熱血の所がある教師
  • 渡田 寛治(演:酒向芳)常節中学校の校長
  • 鏑木優(演:直江喜一)給食を廃止を訴える職員

映画『劇場版 おいしい給食 Final Battle』のストーリー

甘利田幸男は、先生なのに給食を食べる事だけを楽しみに、常節中学校へ出勤していました。

常節中学校に、教育実習のためにやってきた先生たちが、挨拶をしても、給食の事ばかり考えていたのです。

甘利田幸男は、授業中に、他の男子に嫌な事をさせようとしていた生徒がいたので、廊下でバケツを持たせて立たせてしまいます。しかし、佐野正輝は教育実習中なのに「今時、こんな体罰みたいな事をさせるなんて」と文句を言ってしまいます。

しかし、甘利田幸男は「そうですか」と全く相手にしませんが、熱血でハンサムな所があるので、佐野正輝は女子たちから人気があり、御園ひとみも佐野正輝の人柄に好感を持ってしまうのです。

甘利田幸男は「今日の給食はオーロラソース?なんだ、このソースは」と期待していました。そして給食の時間になり、美味しく給食を味わっていきます。

ところが、神野ゴウは、けんちん汁を全て飲み終わった後に、ソフト麺オーロラソースつけていき、一人パーティーのようにして給食を楽しんでしまうのです。

甘利田幸男は『私は、けんちん汁にソフト麺を入れたのに、あいつは」と敗北感を抱いてしまいます。

常節市教育委員会の教育委員長 鏑木優が「生徒数の増加により、給食を廃止して欲しいんです」と一方的に通達してきます。 その場にいた甘利田幸男や校長たちは顔を青ざめてしまいますが、もう決定事項なので変えられませんでした。

神野ゴウは1年生なのに、生徒会長に立候補して、生徒でも給食について提案できるように改革しようと考えていました。御園ひとみは神野くんらしいと微笑みます。

しかし、甘利田幸男は『給食は廃止となるのに、どうしたものか』と頭を抱え込みますが、どうなってしまうのでしょうか?

『藤井マコ役の豊嶋花が丸美屋のCMに出演』

映画やドラマの『おいしい給食シリーズ』で、藤井マコ(演:豊嶋花)は、給食を真剣に考えていた神野ゴウに想いを寄せて、応援を続ける女子です。

『釜めしの素で可愛くダンス』

藤井マコ役の豊嶋花さんは、丸美屋のCMにも出演していて、その美味しい味をPRするために、可愛らしいダンスと歌を披露してくれました。

おいしい給食シリーズでは、少し控えめに喋りながら、時には堂々と神野ゴウを応援しようとするので、そのイメージはCMでもピッタリ合う感じがしますね。

『ソフトふりかけを数多く紹介』

他にも、丸美屋のCMに出演していて、ソフトふりかけの『さけ』・『ちりめん山椒』の味について紹介しています。

ここで、さけは「ふわっとした食感』と言っていましたが、その通りだと思いますね。実は、私も食べた事があって、それほど硬くないので、幅広い年配の方が食べやすいふりかけですね。

しかも、20種類のソフトふりかけの看板を紹介するので、豊嶋花ファンだけではなく、ふりかけが好きな方にも見て欲しいCMですね。

『麻婆豆腐を料理』

豊嶋花さんが、丸美屋の麻婆豆腐を使って料理をするCMもあって、トロミ粉液を水(大さじ2)で溶いていき、フライパンに麻婆豆腐の素(1回分)を入れます。

水(180ml)と豆腐を入れて、火をつけて、軽く混ぜながら、ひと煮立ちさせます。そこに、火を止めて、トロミ粉液を入れて、完成です。

上手に豆腐を崩さないように料理をしていくのは、さすがでした。さらに、麻婆豆腐を美味しそうに食べていく表情も可愛らしいですし、丸美屋のCMに抜擢される理由もよく分かります。

『劇場版 おいしい給食 Final Battle』と他の映画を比較

現代版のグルメ映画が『劇場版 おいしい給食 Final Battle』があれば、江戸時代のグルメ映画として『みをつくし料理帖』があります。

みをつくし料理帖では、澪(演:松本穂香)が料理人として活躍していきますが、江戸でも有名な店が、澪が作り出した味を真似てしまい、大騒動に発展してしまうのです。

その結果、澪は挫折しそうになりますが、若い頃に生き別れた野江(演:奈緒)が吉原のあさひ太夫として絶大な権力をふるっていました。

あさひ太夫は、澪を助けようとして、グルメを通して、かけがえのない友情や江戸の文化を知る事ができて、何かと感慨深い映画です。

ドラマ『おいしい給食』シリーズ

おいしい給食は、ドラマでも高い人気を集めて、甘利田幸男と神野ゴウたちが立場を超えて、給食を巡り熱いバトルを繰り広げてしまいます。

甘利田幸男の様々な表情を見られますし、生徒や副担任との関係性がよく分かるので、おいしい給食シリーズを詳しく知りたい方は、ぜひドラマも見たほうがいいでしょう。

www.akira-movies-drama.com

『劇場版 おいしい給食 Final Battle』を無料で見る方法

動画配信『U-NEXT』に初めて入会した場合には、映画『』を無料で見る事ができます。

ただし、本ページの情報は2022年月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
31日間を過ぎたら、月額1,990円(税別価格)かかるので、31日の間に今後もU-NEXTを契約し続けるか考えるのも悪くありません。

映画『劇場版 おいしい給食 Final Battle』のまとめ

f:id:akira2013web:20220409103909j:plain

引用:https://www.amazon.co.jp/

劇場版 おいしい給食 Final Battleを見た感想について、詳しく解説します。

映画『劇場版 おいしい給食 Final Battle』のオススメ層

給食についてバトルが繰り広げられる映画なので、学校関係者や学生さんたちにオススメしたい映画ですね。

日本は人口が減少していて、国民の所得が少なくなり、給食をあてにしている子供が増えているので、この映画のような事は恐らく起きないでしょう。しかし、給食メニューの量を減らしてコストダウンする動きを見せています。

そのような事を考えたら、この映画の意義は大きいと考えられるので、多くの方に見たい作品です。

  • 学校関係者:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 学生:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • キッズ:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️⭐️

映画『劇場版 おいしい給食 Final Battle』の残念な所

教育実習中なのに、ベテランの教師に文句をつけてしまうシーンがありましたが『さすがに、それは無いんじゃないか?』と思ってしまいました。

確かに、バケツを持って廊下に立たせるのは、賛否分かれる所もありますが、イジメを防ぐためにも、ある程度は残しても良い方法のような気もしましたね。

映画『劇場版 おいしい給食 Final Battle』の見所

甘利田幸男が、ドラマだけではなく映画でも、神野ゴウに張り合おうとするので『相変わらずだなぁ、この教師は』と思ってしまいました。

しかし、ドラマとは違って、まさか給食を無くそうとする人物が現れるとは意外でした。やはりドラマよりも、時間が長いと、このようにドラマチックな展開が待っているので、驚かされましたね。