AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


鳴沢温人が「何でそうなるんだよ」と絶叫した理由!ドラマ『マイファミリー 第3話』

ドラマ『マイファミリー 第3話』では、鳴沢温人が1年後に「何で、そうなるんだよ」と絶叫するので、その理由について考察したので参考にしてみて下さい。

ドラマ『マイファミリー 第3話』のキャスト

マイファミリーは、TBS系列で2022年4月10日から放送開始されました。

脚本&演出

登場人物&俳優

  • 鳴沢温人(演:二宮和也)ハルカナ・オンライン・ゲームズの経営者
  • 鳴沢未知留(演:多部未華子)鳴沢温人の妻
  • 鳴沢友果(演:大島美優)鳴沢夫婦の娘
  • 三輪碧(演:賀来賢人)鳴沢夫婦の知り合いで、弁護士
  • 立脇香菜子(演:高橋メアリージュン)ハルカナ・オンライン・ゲームズの社員
  • 鈴間亜矢(演:藤間爽子)ハルカナ・オンライン・ゲームズの社員
  • 葛城圭史(演:玉木宏)神奈川県警捜査一課の警部
  • 日下部七彦(演:迫田孝也)神奈川県警捜査一課の管理官
  • 吉乃栄太郎(演:富澤たけし)神奈川県警捜査一課の一課長
  • 梅木司(演:那須雄登)特殊犯罪対策係の新人刑事
  • 鷲尾千草(演:山田キヌヲ)神奈川県警捜査一課の巡査部長
  • 備前雄介(演:渡辺邦斗)ハルカナ・オンライン・ゲームズ取締役
  • 阿久津晃(演:松本幸四郎)NEXホールディングスの最高責任者
  • 牧村正文(演:大友康平)鳴沢未知留の父親
  • 鳴沢麻由美(演:神野三鈴)鳴沢温人の母親
  • 東堂樹生(演:濱田岳)鳴沢夫婦の親友

ドラマ『マイファミリー 第3話』のストーリー

葛城圭史は、牧村正文や鳴沢麻由美たちに「お願いがあります。あなた方には警察に協力して家の様子を知らせて欲しいんです」と頼み込んで、二人は自分たちの子供たちを騙して、家の中で盗聴をしてしまいます。

鳴沢温人は、警察にも調べられないように、自分の会社のゲームアプリで犯人と連絡を取り合う事を考えついて、両親にお金を渡して貰おうとします。刑事たちは『やはり、あの両親に協力要請していて良かった』と胸をなでおろしました。

犯人から連絡があり、鳴沢温人とゲームアプリで連絡を取り合うようになり、鳴沢温人の両親たちは、お金を持って車で移動しますが、鳴沢麻由美は「警察より子供たちのほうを信頼すべきじゃなかったんでしょうか」と迷い始めてしまいます。

牧村正文は「警察に聞かれてますよ、これが終われば二人で謝りましょう」とさとして、二人は犯人の指示に従って、屋上に登って、外に駐車していた軽トラックに大金を落としました。

牧村正文たちは「孫はどこにいるんですか?」と聞き出そうとしたら、ついに孫がどこにいるのか?その場所を知らされます。

刑事たちは、軽トラックを追跡していきますが、ただお金を受け取る者の可能性があり、犯人が人質の所にいる可能性がありました。

鳴沢未知留たちは、両親から連絡があり、娘がいると連絡があった場所へ急行して、目的地の小屋に入ろうとしたら、先に警察たちが先回りして突入していきます。その時、不審車両を運転していた者がいる部屋にも、警察が突入していたのです!

しかし、どこにも人質はいなくて、その部屋はライブ配信されていました。犯人から『裏切りましたね。取引は終了です』とメッセージが送られてしまいます。

はたして、鳴沢友果は殺害されてしまうのでしょうか?

『鳴沢温人が「何でそうなるんだよ」と絶叫した理由』

鳴沢温人は、一応事件を解決したかに見えますが、約1年後「何で、こうなるんだよ」と絶叫してしまいます。

絶叫した理由としては、2つ考えられて、1つは娘がまた人質にされた事でしょう。2つ目は妻が離婚しようとする可能性です。

しかし、葛城圭史刑事が「あなたは犯人を逃した事を後悔しますよ」と言っていたので、この言葉から察するに、恐らく犯人はまた鳴沢温人の娘に手を出すのではないでしょうか?

少し情報量が少なくて何とも言えない所ですが、恐らく、その可能性は高いと思います。

ドラマ『マイファミリー 第3話』の見所とまとめ

f:id:akira2013web:20220410212508p:plain

引用:https://www.tbs.co.jp/myfamily/

第3話では、思ったよりも早い解決がされたので『もしかして、3話で終了?』と思ってしまいましたが、まだまだ続くようですね。

しかし、事件が解決したのに、この後どのような展開が待っているのかと思うと、少しワクワクしてしまいます。

多部未華子さんの切実な演技も良いのですが、二宮和也さんの迫真の演技も良いですね。久しぶりにワクワクさせるドラマなので、最終回まで楽しみながら見たいものです。