AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


ダイダラボッチはジブリにも登場して全てを破滅させる?ドラマ『妖怪シェアハウス -帰ってきたん怪- 第8怪』

f:id:akira2013web:20220410123745p:plain

引用:https://www.tv-asahi.co.jp/youkai_kaettekita/

ドラマ『妖怪シェアハウス -帰ってきたん怪- 第八怪』では、ダイダラボッチが登場しますが、実はジブリの映画でも登場していたので、詳しく紹介します。

ドラマ『妖怪シェアハウス -帰ってきたん怪- 第八怪』のキャスト

妖怪シェアハウス -帰ってきたん怪-は、テレビ朝日で2022年4月9日から放送開始されました。

監督&脚本

登場人物

  • 目黒澪(演:小芝風花)貧乏暮らしに戻った人間の女性
  • 四谷伊和(演:松本まりか)目黒澪を助けようとする、お岩さん
  • 酒井涼(演:毎熊克哉)少し言い方がキツイ酒呑童子
  • 沼田飛世(演:大倉孝二)弁護士の振りをする、ぬらりひょん
  • 和良部詩子(演:池谷のぶえ)料理が得意な座敷わらし
  • 佐藤周(演:池田成志)閻魔寺の住職
  • 佐藤満(演:豊田裕大)佐藤周の息子で、近所の交番の巡査
  • 笹原小梅(演:井頭愛海)目黒澪のアルバイト仲間
  • 白鳥芽衣(演:尾碕真花)IT企業に勤めるお嬢様秘書
  • 白鳥芽衣(演:尾碕真花)IT企業に勤めるお嬢様秘書
  • 小暮梢(武田梨奈)合同セミナー合宿を進める女性
  • 黒原光一(演:六角精児)目黒澪の執筆作品のドラマ化を目指す人物
  • 上竜樹(演:安井順平)スパルタ指導する上司
  • 小豆洗い/小豆沢琉(演:岩崎う大)配属先の出版部門の編集者

ドラマ『妖怪シェアハウス -帰ってきたん怪- 第八怪』のストーリー

目黒澪は、黒原光一の執筆作業に利用されて、ゴーストライターにされてしまいますが、妖力によって『それでもいいや』と洗脳されてしまいました。

しかも、小暮梢から貰った怪しげなお菓子を食べ続けてしまって、ますます精神状態が不安定になってしまいます。

四谷伊和たちは心配して、ある薬を目黒澪を飲ませて「これを持って行って」とお札を渡してあげました。

その影響もあって、目黒澪は『私、頭が冴えてきた。どうなっているんだろう。私』と思い始めて、黒原光一に「私はゴーストライターなんてしたくありません」とタンカを切ってしまいます。

黒原光一に従う社員たちは『何て事を言うんだ、この女は!』と思ってしまい、目黒澪はは自主退職を迫られてしまうのです。

しかも、SNSでは目黒澪の誹謗中傷の投稿が続いてしまって『どうしよう』とあわてふためいてしまいます。

四谷伊和たちは、今まで目黒澪を苦しめていた上竜樹を捕まえますが、実は妖怪でしたが、小暮梢まで妖怪であり、その正体はジョロウグモでした。

ジョロウグモは、男を獲物のように狙う恐ろしい妖怪でしたが、黒原光一に才能があると思っていたのに、次第に黒原光一の才能が空っぽだと思うようになっていたのです。

しかし、黒原光一の力が肥大化されるようになって、手がつけられなくなってしまいました。

ぬらりひょんは、その話を聞いて『もしかして、黒原の正体はダイダラボッチではないか?』と心配しますが、はたして、黒原光一を抑える事ができるのでしょうか?

ダイダラボッチジブリにも登場して全てを破滅させる?』

ダイダラボッチは、ジブリの映画『もののけ姫』にも登場していました。

もののけ姫では、シシ神が欲深い人間によって、首を落とされてしまい、自分の首を探し求めて、ダイダラボッチになってしまい、体内からドス黒い液体があふれだしていき、多くの森が枯れていきます。

その速さは、さながら火砕流のような速さで広がっていき、アシタカたち人間は追い詰められていきました。

ダイダラボッチは、古来より日本で巨人であると言われていて、国づくりに関わっていると言われるほどの存在であり、妖怪が束になってかなうような存在ではありません。

そのため、次回ではどのようにしてダイダラボッチを抑えるのか?期待したい所ですね。

ドラマ『妖怪シェアハウス -帰ってきたん怪- 第八怪』の見所とまとめ

第八怪で、ダイダラボッチが出現してしまいますが、ジブリの映画『もののけ姫』では、それ以上に恐ろしい存在でした。

www.akira-movies-drama.comしかし、そこは妖怪シェアハウスなので、コミカルに恐れてしまうので、子供でも安心して見られますね。

次回では、ダイダラボッチを抑えるために奮闘するようですが、どのようにコミカルに対峙してくれるのか楽しみです。