AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


清宮敏彦(演:味方良介)に思わぬ援軍が加勢する?ドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの? 第7話』

ドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの? 第7話』で、清宮敏彦(演:味方良介)がピンチに陥りますが、援軍がくる可能性があるので詳しく紹介します。

ドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの? 第7話』のキャスト

恋なんて、本気でやってどうするの?は、フジテレビ系列で2022年4月18日から放送開始されました。

脚本&演出

登場人物&俳優

  • 桜沢純(演:広瀬アリス)一人で生きていけると思う女性
  • 長峰柊磨(演:松村北斗)フレンチビストロ『サリュー』の見習い料理人
  • 岩橋要(演:藤木直人)サリューのシェフ
  • 清宮響子(演:西野七瀬)桜沢純の同級生で主婦
  • 清宮敏彦(演:味方良介)清宮響子の夫
  • 真山アリサ(演:飯豊まりえ)桜沢純と清宮響子の元同級生
  • 内村克巳(演:岡山天音)メガネをかけている不思議キャラ
  • 竹内ひな子(演:小野花梨)恋大き女で、桜沢純に立ちはだかる人物
  • 横井めぐみ(演:安藤ニコ)桜沢純の後輩で、女子力が高い
  • 青田課長(演:長田成哉)桜沢純の上司
  • 岡真奈美(演:牧野莉佳)桜沢純の後輩
  • 木下健吾(演:三浦獠太)桜沢純の後輩で、空気が読めない人物
  • 大津浩志(演:戸塚純貴)ラクロス部で、桜沢純と同期
  • 田辺良和(演:アキラ100%)真山アリサのパパ活相手
  • 坂入拓人(演:古川雄大)桜沢純のラクロス部時代の先輩
  • 中川岬希(演:香椎由宇)桜沢純が働く洋食器メーカーの元先輩
  • 竹内ひな子(演:小野花梨)桜沢純の恋敵
  • 長峰真弓(演:斉藤由貴長峰柊磨の母親
  • 岡下二郎(演:小市慢太郎長峰柊磨の父親

ドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの? 第7話』のストーリー

長峰柊磨は、長峰真弓から抱きつかれてしまうので、桜沢純は『誰だろう、この人は?』と戸惑ってしまいますが、相手の女性は長峰柊磨の母親でした。

しかし、母親なのに、なぜか長峰柊磨を睨みつけてしまうので、ただの母親という感じではなくて、ますます長峰真弓の事が気になってしまいます。

長峰柊磨は、母親と二人っきになった所で「約束して、ギャンブルをしないって、あとお店のお酒は勝手に飲まないで」と頼み込んだら「うん、わかった」

サリューは、このままでは閉店される恐れがあったので、長峰柊磨は父親に「今日はお願いがあります。あのお店を買い取らせて下さい」「お前にそんな金があるのか?」「お金は、お店の売り上げで返しますので」

しかし、お店は犯罪者を雇っていたというニュースが報道されてしまって、評判は最悪なものになっていました。

岩橋要は『俺がいては、この店のためにならない』と思って辞めようとしますが、桜沢純は「逆転の発送で、あえて過去の事も発表して、サリューを宣伝しませんか」と驚くべき提案をしてしまいます。

一見すると、失敗するかに見えましたが、多くのお客がやってきて、その中には岡下二郎の姿もありました。

緊張する中で、多くのお客たちが帰った後に、岡下二郎は息子に色々とダメ出ししますが「3ヶ月以内で、前年比3割り増しを目指せ。それが出来たら店を譲ってやる」と言われたので、仲間たちは大喜びします。

ところが、真山アリサは不倫していた事が、相手の妻にバレてしまい、300万円も慰謝料を請求されてしまうのです!

『清宮敏彦(演:味方良介)に加勢する援軍』

清宮敏彦(演:味方良介)は、ゲームばかりして、ついに妻から「もう別れて下さい」と言われてしまいます。

妻の清宮響子は、岩橋要に恋してしまったので『アイツのせいで、妻が別れを告げて来たんだ』と怒ってしまう可能性は十分にあります。

一見すると、ゲームばかりする男に援軍がないように見えますが、長峰真弓が声をかけてくる可能性は十分にあります。

なぜなら、長峰真弓は息子に過剰に依存していて、息子の周り人間を排除しようとするフシがあるからです。

そうなると、息子から頼られている岩橋要も排除したいと考えて、清宮敏彦と結託する可能性は十分にあるでしょう。岡下二郎から「もう息子の邪魔はするな」と忠告されていたので、今までも同じような事があった可能性があります。

ドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの? 第7話』の見所とまとめ

引用:https://www.ktv.jp/koimaji/

清宮敏彦(演:味方良介)は、妻よりもゲームを優先する最低な夫ですが、長峰真弓が援軍として加勢しそうな感じがしますね。

真山アリサが、訴えられるのは残念な感じですが、本来であれば夫が訴えられるべきです。

夫が300万円も請求されたと嘆いている暇があったら、自分のせいなので、夫が変わりに支払えばいいのにと思ってしまいましたね。