源頼家と比企能員が密接な関係になった要因を解説!大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第26話』

f:id:akira2013web:20220115131322p:plain

引用:https://www.amazon.co.jp

大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第26話』では、源頼家比企能員が密接な関係になった要因について詳しく紹介します。

大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第26話』のキャスト

鎌倉殿の13人の登場人物や俳優さんたちは、以下の通りです。

北条家

源氏勢力

伊東家

その他

平氏勢力

藤原家

朝廷

大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第26話』のストーリー

源頼朝は落馬してしまい、命を引き取ってしまいます。鎌倉は、誰を鎌倉殿の後継者にするべきか?阿野全成をおす北条家と、源頼家をおす比企家に割れてしまい、一触即発の危機に陥ってしまいました。

事態を収拾するためには、鎌倉殿の後家である北条政子に決断してもらおうとしますが、北条政子は妹の北条実衣に向かって「お前では、鎌倉殿の正室になれませぬ」と言い放ってしまい、姉妹の間に亀裂が走ってしまいます。

やがて、北条政子北条時宗たちは、鎌倉殿の後継者は、源頼家にする事にしました。北条政子にとっては自分の息子にあたるので、それは決して不自然な事ではありません。

しかし、源頼家は比企家と深い関わり合いがあって、北条時政たちは「裏切ったなぁ!」といきりたちますが、北条時宗は「父上は北条家あっての鎌倉殿とお思いか?鎌倉殿あってこその北条家ですぞ」と半ば言い合いになってしまいます。

北条実衣は「姉上は、私が権力を握るのが面白くなかったのでしょう?権力は人を変えますね」と、北条家は真っ二つに割れてしまいました。

北条時宗は、姉の政子に「もう私がいなくても、みながいれば大丈夫です」とお暇乞いをしようとします。

しかし、北条政子から「すべてを私に押し付けて逃げるつもり?お願い、あなたが必要なのよ」とせがまれてしまい、北条時宗は否応無しに鎌倉の権力闘争に巻き込まれていくのです!

源頼家比企能員が密接な関係になった要因』

源頼家は、源頼朝と、北条政子の間に生まれた子なので、北条家の血も流れているので、鎌倉殿におす事に不都合がないように見えました。

しかし、源頼家の乳母は比企能員の妻であり、比企能員の娘たちも源頼家乳母を勤めました。

乳母は、乳をあげる人の事を指していて、生母とは違う人物が乳をあげる事は珍しくはありません。

実は、乳母の家は、大きな権力を握る事があり、もしも源頼家が鎌倉殿になってしまえば、比企家に権力が集中する恐れがありました。

そこで、北条家は血がつながっている源頼家と言えども後継者として認める訳にはいかず、阿野全成をおそうとした経緯があります。

この権力闘争は、北条家が破れてしまいますが、それが後に大きな火種となっていく訳です。

『鎌倉殿の13人』の見逃し配信を無料で見る方法

動画配信『U-NEXT』に初めて入会した場合には、無料で1200ポイント(1200円分)を貰えて、このポイントを使えば、実質0円で『鎌倉殿の13人 第1〜8話』を31日間は無料で見られます。

ただし、本ページの情報は2022年3月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
31日間を過ぎたら、月額1,990円(税別価格)かかるので、31日の間に今後もU-NEXTを契約し続けるか考えるのも悪くありません。

大河ドラマ『鎌倉殿の13人 第26話』の見所とまとめ

源頼家は、北条家の血が流れていながら、乳母制度によって、北条家に睨まれてしまうという不思議な構図ができあがってしまいました。

この辺りは、権力の流れの不思議な所であり、見落としがちな所ですね。今後、源氏急速に力を失っていき、北条家が野心をむき出しに権力闘争で戦っていく事になります。