AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


宮部新が最後に飲んだ酒が辛かったのか解説!ドラマ『六本木クラス 第13話(最終話)』

引用:https://www.tv-asahi.co.jp/roppongi_class/

ドラマ『六本木クラス 第13話(最終話)』では、宮部新が最後に飲んだ酒は、どのような味だったのか解説します。

ドラマ『六本木クラス 第13話(最終話)』のキャスト

テレビ朝日系のドラマ『六本木クラス』は、2022年7月7日から放送開始されました。

脚本&演出

  • 脚本:徳尾浩司
  • 演出:田村直己&樹下直美

登場人物&俳優

  • 宮部新(演:竹内涼真)自分の信念を貫いて転校初日で退学する少年
  • 楠木優香(演:新木優子)宮部新と喧嘩してしまう女子
  • 麻宮葵(演:平手友梨奈)二代目みやべのマネージャー
  • 長屋龍河(演:早乙女太一)長屋ホールディングスの会長の息子
  • 長屋龍二(演:鈴鹿央士)長屋龍河の異母兄弟
  • 長屋茂(演:香川照之)長屋ホールディングスの会長
  • 桜木幸雄(演:近藤公園)長屋茂の秘書
  • 相川京子(演:稲森いずみ)長屋ホールディングスの常務
  • 松下博嗣(演:緒形直人)刑事
  • 宮部信二(演:光石研)宮部新の父親
  • 内山亮太(演:中尾明慶)二代目みやべのホールスタッフ
  • 綾瀬りく(演:さとうほなみ)二代目みやべの料理人
  • 桐野雄大(演:矢本悠馬)長屋龍河にいじめられていた男子
  • 理沙ガルシア(演:田中道子)Flecha verdeの店主
  • 田辺弘子(演:倍賞美津子)宮部新に嫌味を言ってきた投資家

ドラマ『六本木クラス 第13話(最終話)』のストーリー

宮部新や内山亮太たちは、拉致されてしまった麻宮葵を救い出すために、長屋茂のもとへ向かおうとしますが、楠木優香から「そんな状態で言ったら、あなたが危ないじゃない」

しかし、宮部新は「俺は、葵の事が好きなんだ」と言って、警察には任せず、自ら長屋茂の元へいき、葵がどこにいるのか聞き出そうとします。

しかし、長屋茂は、このごに及んで「葵の場所を教えて欲しければ、私に土下座しろ」と言ってしまうのです。

内山亮太は「何言ってんだ、お前は!お前の息子が葵を拉致したんじゃねぇか」と責め立てますが、宮部新に静止されます。

宮部新は、今まで、この男に土下座してこなかったのですが、葵を助けるために、ついに土下座してしまうのです。

長屋茂は、その姿を見て高笑いしますが「これで、私はまた息子を裏切る事になってしまうのか」と表情を歪めて、地図を書き出して、二人はすぐに葵のもとへ駆け出します。

内山亮太が、裏社会の人間たちと戦っている間に、宮部新は葵を逃すために、長屋龍河と激しく殴り合おうとして、ついに長屋龍河は倒れて「長かった……これからは幸せになろう」とつぶやきました。

楠木優香は、検察へ向かい、長屋を内部告発して、殺人教唆だけではなく裏社会との関わりまでバレてしまって、上場廃止の危機に陥ってしまいます。

長屋は、二代目みやべに乗っ取られる事になり、長屋茂は土下座しようとして長屋を見逃してもらおうとしますが、宮部新から「あなたの土下座には何の価値もない。これはビジネスなんです」と肩を叩かれます。

宮部新と麻宮葵は、二人で一緒に歩んで行こうとしますが、今度こそ幸せになれるのでしょうか?

『宮部新が最後に飲んだ酒が辛かったのか解説』

引用:https://www.tv-asahi.co.jp/roppongi_class/story/0013/

宮部新は、酒を飲みながら、父親の事を思い出してしまい「辛い」とつぶやいてしまいました。

お酒には『甘口』と『辛口』がありますが、大好きだった父親と別れた時の辛さを重ね合わせたからこそ、辛いと言ったのでしょう。

最終話で、父親から酒の味を聞かれた時に、宮部新は頬を緩めますが、これは愛する麻宮葵と付き合う事を決めたので、幸せな事と重ね合わせて、甘口のように感じられたハズです。

ドラマ『六本木クラス 第13話(最終話)』の見所とまとめ

第13話を見ていましたが、長屋龍河が何度も頭部を打ってしまうのに、何度も這い上がってしまうので『いやいや、普通に無理だろう』と思ってしまいました。

まぁ、この辺りはドラマなので仕方ないかもしれません。

最終的には、宮部新がお酒を飲んで、微笑むシーンが感慨深いものがありましたが、新木優子さん好きの自分としては、何やらモヤモヤ感の残る終わり方ではありました。