AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


才津祥子(高畑淳子)が娘に冷たい言葉を浴びせた理由!朝ドラマ『舞いあがれ! 第2話』

引用:https://www.nhk.or.jp/maiagare/

朝ドラマ『舞いあがれ! 第2話』では、才津祥子(高畑淳子)が娘の岩倉めぐみに冷たい言葉を浴びせてしまうので、その理由について詳しく紹介します。

ドラマ『舞いあがれ! 第2話』のキャスト

舞いあがれ!は、2022年10月3日から放送開始されました。

演出

  • 演出:田中正&野田雄介&小谷高義&松木健祐 

登場人物&俳優

  • 岩倉舞(演:福原遥パイロットを目指す女性
  • 岩倉舞-幼少期(演:浅田芭路)幼い頃の岩倉舞
  • 岩倉浩太(演:高橋克典)岩倉舞の父親で、町工場の経営者
  • 岩倉めぐみ(演:永作博美)岩倉舞の母親
  • 岩倉悠人(演:横山裕)岩倉舞の兄
  • 岩倉悠人-幼少期(演:海老塚幸穏)幼い頃の岩倉悠人
  • 才津祥子(演:高畑淳子)岩倉舞の祖母
  • 梅津貴司(演:赤楚衛二お好み焼き屋『うめづ』の息子
  • 梅津貴司-幼少期(演:齋藤絢永)幼い頃の梅津貴司
  • 梅津勝(演:山口智充お好み焼き屋『うめづ』の主人
  • 梅津雪乃(演:くわばたりえお好み焼き屋『うめづ』の女将
  • 望月久留美(演:山下美月)岩倉舞の同級生
  • 望月久留美-幼少期(演:大野さき)幼い頃の望月久留美
  • 笠巻久之(演:古舘寛治)岩倉浩太の工場の職人
  • 八木巌(演:又吉直樹)古本屋『デラシネ』の主人
  • 望月佳晴(演:松尾諭)望月久留美の父親
  • 津田道子(演:たくませいこ)岩倉舞と望月久留美のバイト先の女主人
  • 木戸豪(演:哀川翔)船大工
  • 浦信吾(演:鈴木浩介)役場職員で、岩倉めぐみの同級生
  • 山中さくら(演:長濱ねる)ジャムを店で売る女性
  • 刈谷博文(演:高杉真宙人力飛行機『スワン号』の設計担当者
  • 由良冬子(演:吉谷彩子)人力飛行機『スワン号』のパイロット
  • 鶴田葵(演:足立英)大学のサークルの代表
  • 柏木弘明(演:目黒蓮)航空一家で育ったエリート
  • 矢野倫子(演:山崎紘菜)商社で働いていた帰国子女
  • 中澤真一(演:濱正悟パイロットを夢見て仕事を辞める人物
  • 吉田大誠(演:醍醐虎汰朗)奨学金で学校に通う男性
  • 水島祐樹(演:佐野弘樹)水島ストアの社長の息子
  • 大河内守(演:吉川晃司)航空学校 帯広校の教官

ドラマ『舞いあがれ! 第2話』のストーリー

岩倉悠人は「なんで、僕だけ妹に振り回されな、あかんねん」と文句を言ってしまい、母の岩倉めぐみは「そんな事、舞に言うたら許さへんよ」「ほら、いつも妹の事ばかりやん」

思わず、岩倉悠人は走り去ってしまいますが、岩倉めぐみは、お好み焼き屋『うめづ』まで行って、お金を返しに行きます。

梅津雪乃は「かまへん、かまへん。いつも、すぐに持ってくるんやから」と優しい言葉をかけますが、岩倉めぐみは、ぼんやりとしてしまいます。

「めぐみさん?」と声をかけると「ごめん、ごめん。つい、ぼーっとして」と長男の言葉が気になってしまうのです。

岩倉めぐみは、家に帰りますが、岩倉舞は食が進まなくて「お腹いっぱい」と言われてしまうので「もうちょっと、がんばり」「……うん」「えらいなぁ、お母ちゃんも、もう少し頑張るから」

梅津雪乃は、岩倉浩太がやってきたので「あのな、今、めぐみさん、凄く疲れてたから、なんとか、ならへんの?」と訴えますが「それが、今は、うちも厳しい状況なので、他の誰かに家を任す事ができへんのや」

しかし、家に帰って「めぐみ」と声をかけても、妻は全く耳に入らず、食器を洗い続けてしまいます。

岩倉浩太は、妻と一緒に座り込み「あのな、めぐみ。お前は舞と一緒に、五島へ帰ってみたらどうだ?町工場と悠人の事は、俺に任せておけ」

最初は、五島にいる母に迷惑かけられへんと思いましたが、夫から強く勧められてしまうので、仕方なく母親に電話をかけてみると「来たかったら、来れば、よか」とぶっきらぼうに言われてしまいます。

はたして、五島へ帰れば、親娘は幸せになれるのでしょうか?

『才津祥子(高畑淳子)が娘に冷たい言葉を浴びせた理由』

引用:https://www.nhk.or.jp/maiagare/movie/

岩倉めぐみ(演:永作博美)は、町工場から子供たちの面倒まで見なくてはいけなかったので、心身ともに疲れ果てていました。

それを見かねた夫の岩倉浩太(演:高橋克典)から「舞と一緒に五島へ帰ったら、どうだ?今はお母さんに遠慮している時ではないやろ」と言われてしまうので、しぶしぶ母に電話をかけてしまいます。

「あのな、舞と一緒に帰っても……よかかな?」と恐る恐る聞いてみると、才津祥子(演:高畑淳子)は娘に向かって「来たかったら、来れば、よか」と冷たい言葉を浴びせてしまうのです。

しかし、受話器を置いた後に、才津祥子はウロウロと落ち着かなくなってしまうので、冷たい言葉を浴びせたのは『あの強かった娘が、こんな事を言うなんて』と動揺してしまったのではないでしょうか?

そして、娘や孫と一緒に住めるという嬉しさを口に出すのは、恥ずかしくて、あえて、ぶっきらぼうに言った可能性があります。

ドラマ『舞いあがれ! 第2話』の見所とまとめ

第2話では、いきなり、五島列島へ行く事になりますが、これで親子が幸せになれるのか?気になる所です。

それにしても、才津祥子(高畑淳子)が娘に冷たい言葉を浴びせてしまいましたが、照れ隠しというのもあるし、少しうろたえてしまったのでしょう。

岩倉悠人は、妹に厳しい事を考えてしまって、第2話にして、色々とツッコミどころの多い内容でした。