AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


八木巌役の又吉直樹が若い頃にSNSが無くて喜んだ理由!朝ドラマ『舞いあがれ! 第12話』

引用:https://www.nhk.or.jp/maiagare/

朝ドラマ『舞いあがれ! 第12話』で、八木巌役を演じていた又吉直樹さんは、若い頃にSNSが無くて喜んだ事があるので、その理由を詳しく紹介します。

ドラマ『舞いあがれ! 第12話』のキャスト

舞いあがれ!は、2022年10月3日から放送開始されました。

演出

  • 演出:田中正&野田雄介&小谷高義&松木健祐 

登場人物&俳優

  • 岩倉舞(演:福原遥パイロットを目指す女性
  • 岩倉舞-幼少期(演:浅田芭路)幼い頃の岩倉舞
  • 岩倉浩太(演:高橋克典)岩倉舞の父親で、町工場の経営者
  • 岩倉めぐみ(演:永作博美)岩倉舞の母親
  • 岩倉悠人(演:横山裕)岩倉舞の兄
  • 岩倉悠人-幼少期(演:海老塚幸穏)幼い頃の岩倉悠人
  • 才津祥子(演:高畑淳子)岩倉舞の祖母
  • 梅津貴司(演:赤楚衛二お好み焼き屋『うめづ』の息子
  • 梅津貴司-幼少期(演:齋藤絢永)幼い頃の梅津貴司
  • 梅津勝(演:山口智充お好み焼き屋『うめづ』の主人
  • 梅津雪乃(演:くわばたりえお好み焼き屋『うめづ』の女将
  • 望月久留美(演:山下美月)岩倉舞の同級生
  • 望月久留美-幼少期(演:大野さき)幼い頃の望月久留美
  • 笠巻久之(演:古舘寛治)岩倉浩太の工場の職人
  • 八木巌(演:又吉直樹)古本屋『デラシネ』の主人
  • 望月佳晴(演:松尾諭)望月久留美の父親
  • 津田道子(演:たくませいこ)岩倉舞と望月久留美のバイト先の女主人
  • 木戸豪(演:哀川翔)船大工
  • 浦信吾(演:鈴木浩介)役場職員で、岩倉めぐみの同級生
  • 山中さくら(演:長濱ねる)ジャムを店で売る女性
  • 刈谷博文(演:高杉真宙人力飛行機『スワン号』の設計担当者
  • 由良冬子(演:吉谷彩子)人力飛行機『スワン号』のパイロット
  • 鶴田葵(演:足立英)大学のサークルの代表
  • 柏木弘明(演:目黒蓮)航空一家で育ったエリート
  • 矢野倫子(演:山崎紘菜)商社で働いていた帰国子女
  • 中澤真一(演:濱正悟パイロットを夢見て仕事を辞める人物
  • 吉田大誠(演:醍醐虎汰朗)奨学金で学校に通う男性
  • 水島祐樹(演:佐野弘樹)水島ストアの社長の息子
  • 大河内守(演:吉川晃司)航空学校 帯広校の教官

ドラマ『舞いあがれ! 第12話』のストーリー

岩倉舞は、父親と遊園地へ行く約束をしていましたが、岩倉浩太は仕事が大変になっていき、遊園地へ行く日も仕事が入ってしまいました。

「お父ちゃん、明日仕事なん?」「あぁ〜、ごめん。またいつか、遊園地へ行こうな」

岩倉舞は「うん、分かった」と答えますが、ガックリとして『飛行機に乗りたかったなぁ』と思ってしまうのです。

その後、学校のグラウンドで、バラモン凧をあげようとしたら、途中で落下してしまい「あぁ、翼が折れてしもうた」と落胆してしまうのです。

部屋に戻り、落ち込んでいると、父親が「舞、飛行機の模型を作ったらどうや」「難しそうやけど、作れるかなぁ」「今度、お父ちゃんが教えたる」「ほんま?」

しかし、岩倉舞は『なんで、お父ちゃんは飛行機の仕事をやめたんかなぁ』と不思議に思い、母親に聞いてみると、仕事は辞めたんやけど、いつか飛行機の部品を作るのが夢である事を教えられます。

飛行機の模型を作る約束をしていましたが、父親の仕事は、なかなか落ち着かなかったので、岩倉舞は友達と一緒に本屋へ行くと、店主の八木巌から色々と模型作りの本を勧めてもらい、お気に入りの本を買う事にしました。

しかし、父親は、取引先から「おたくは、何回もキズのあるネジをよこしてくるので、もう他に仕事を頼んだ」と一方的に取引を打ち切られてしまい、途方にくれてしまいます。

岩倉舞は、そんな父親を励ますためにも、なんとか飛行機の模型を作ってあげようとしますが、上手くいくのでしょうか?

『八木巌役の又吉直樹は若い頃にSNSが無くて喜んだ理由』

引用:https://www.nhk.or.jp/maiagare/movie/week03/

八木巌役を演じた又吉直樹さんは、若い頃に自分がどうするべきか?それをノートに書き溜めて、色々と一人で考え込む日々を送っていました。

参照元https://woman.mynavi.jp/article/200930-5/

これは、又吉直樹さんにとって、意義深い事であり、もしもSNSがあれば、それを続ける事は難しかったので、10代の頃にSNSが無かった事に感謝しつつ、喜ぶ理由になりました。

この書き溜める癖が、のちに芥川賞を取る原動力にもなったので、どれだけSNSの登場が遅れた事が、又吉直樹さんにとっては幸運な事だったのか?よく分かる話でありますね。

ドラマ『舞いあがれ! 第12話』の見所とまとめ

第12話では、岩倉舞の父親の仕事が危うくなってしまうので、この後に岩倉家がどうなってしまうのか?気になる所ですね。

それでも、本屋で八木巌(演:又吉直樹)が、本を雑に扱う客に不快感を抱いて「お前には本を売らん」と言う所は、芥川賞作家を取った又吉直樹さんには打って付けの役という感じがして良かったです。