AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


ミウ役の宮澤エマの祖父は内閣総理大臣だった?ドラマ『相棒 season21 第2話』

引用:https://www.telasa.jp

ドラマ『相棒 season21 第2話』で、ミウ役を演じていた宮澤エマさんは、祖父が内閣総理大臣だったので詳しく紹介します。

ドラマ『相棒 season21 第2話』のキャスト

相棒 season1は、テレビ朝日系で2002年10月9日〜12月25日の間に放送開始されました。

監督&脚本

登場人物&俳優

ドラマ『相棒 season21 第2話』のストーリー

杉下右京は、厩谷を容疑者扱いしてしまうので「あなたが、なぜ上司から疎まれているのか、よく分かった気がします。さきほどの謹慎処分の話は無かったいう事で良いですね?」

亀山薫は『右京さんはどこに行ってるんだ?』と思っていたら、電話でようやく連絡がつきますが、杉下右京は、事件を調べるために、奥寺美和子と一緒にサルウィンへ行っていました。

奥寺美和子は電話で「右京さんに何度も黙っていて下さいって言ったんでしょう?右京さん、傷ついたみたいよぉ」「そりゃ、立場上、言ったけど」と参ってしまいます。

ところが、亀山薫の調べにより、アイシャが無くなった日の夜に、外務省の厩谷が仲間と一緒に祝杯して喜んでいる事を知って、それを杉下右京に報告すると「それは奇妙」と二人で話し合ってしまいます。

亀山薫は、伊丹憲一に協力をあおぎますが「俺らは部長の命令が無ければ動けない、まずは部長に頼んでみろ」と言われてしまいますが「あの部長が許す訳がない」と参ってしまいます。

しかし、芹沢慶二が「先輩の知っている内村警視庁は死にました」と言うので『どいうう事だ?』と困惑してしまいます。

試しに、あの内村完爾警視庁に頼んでみたら「正義を遂行するためだ」とアッサリと捜査する事を認めてくれて『あれだけ、俺たち特命係を嫌っていたのに』と驚いてしまいます。

これにより、厩谷を取り調べもできるようになりますが、本当に厩谷が犯人なのでしょうか?

ミウ役の宮澤エマの祖父は内閣総理大臣 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 宮澤エマ Emma Miyazawa (@emmamiyazawa)

www.instagram.comミウ役を演じていた宮澤エマさんの母親は、ラフルアー宮澤啓子さんという方です。ラフルアー宮澤啓子さんの父親は、あの内閣総理大臣を務めた宮沢喜一さんです。

名前からして、ハーフかなぁと思っていましたが、まさか内閣総理大臣の孫娘とは思わなかったですね。

宮沢喜一さんは、一時は経済に通じた政治家と言われていましたが、日本経済を完全に復活させる事はできませんでした。

ドラマ『相棒 season21 第2話』の見所とまとめ

第2話で、ついに亀山薫が特命係に復帰する事になったので、次回から、久しぶりに杉下・亀山コンビを見られそうです。

内村完爾は、昔に比べたら、だいぶ性格が変わったので、途中で相棒を見なくなった人はビックリしたでしょうね。