AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


鵜飼吉久(林泰文)はアトム玩具を裏切っていなかった?ドラマ『アトムの童 第3話』

ドラマ『アトムの童 第3話』では、鵜飼吉久(林泰文)は、実はアトム玩具を裏切っていない可能性があるので、詳しく解説します。

ドラマ『アトムの童 第3話』のキャスト

アトムの童は、2022年10月16日から放送開始されました。

脚本&演出

登場人物&俳優

  • 安積那由他(演:山﨑賢人)ゲームの開発者
  • 菅生隼人(演:松下洸平)安積那由他の過去を知る人物
  • 富永海(演:岸井ゆきの)銀行員を辞めて『アトム玩具』を引き継ぐ女性
  • 興津晃彦(演:オダギリジョー)インターネット検索サービスSAGASの社長
  • 富永繁雄(演:風間杜夫)アトム玩具の二代目社長
  • 八重樫謙吾(演:でんでん)アトム玩具の専務
  • 各務英次(演:塚地武雅)アトム玩具のフィギュアの指導員
  • 吉崎誠(演:六角慎司)SAGASの社長秘書
  • 井手大(演:馬場徹)やよい銀行の富永海の先輩
  • 小山田賢雄(演:皆川猿時)やよい銀行の神田支店の支店長
  • 森田聡(演:岡部大)ネットゲームカフェの店長
  • 杉野結衣(演:飯沼愛)ネットゲームカフェのアルバイトの店員
  • 相良晶(演:玄理)ゲーム販売やインディー開発者の手助けをする人物
  • 緒方奏絵(演:戸田菜穂)安積那由他と菅生隼人の過去を知る人物
  • 緒方公哉(演:栁俊太郎)緒方奏絵の息子
  • 晶(演:玄理)アトム玩具に営業を教え込む女性
  • 鵜飼吉久(演:林泰文)アトム玩具の財務顧問

ドラマ『アトムの童 第3話』のストーリー

富永海は、銀行の元上司から支援の約束をしてもらっていましたが、突然5000万円を返すように要求されてしまい、その期間は、わずか1ヶ月でした。

「そんな」と絶句しますが「申し訳ない」と謝られて、ビジネスにおいてやむを得ない事なんだと言い訳をされてしまいます。

じかし、その裏で、小山田賢雄は興津晃彦と通じていて、SAGASの役員となる代わりに、アトム玩具を破滅させようと動いていました。

アトム玩具は、短期間のうちに5000万円を準備しなければ、不渡りになって、会社派破産に追い込まれてしまいます。

晶は、アトム玩具に営業の極意を教え込み、短期間のうちに5000万円を支援してもらおうとして、多くの資産家に支援を訴えます。

しかし、その中には、興津晃彦が「ゲームを開発するために、5000万円が必要とおっしゃっていますが、本当はアトム玩具の危機を脱出するために必要なんじゃないですか?」と嫌味をぶつけてきました。

安積那由他は、その挑発にグッとこらえて「自分はアトム玩具のファンなので、今はアトム玩具のもとでゲームを開発したいので支援をお願いします」と頭を下げます。

支援を名乗り出る者はいませんでしたが、実は晶までもが、影で興津晃彦と通じていたのです!

『鵜飼吉久(林泰文)はアトム玩具を裏切っていなかった?』

鵜飼吉久(林泰文)は、安積那由他と別れた後に、携帯電話を手に持っていました。この時に、小山田賢雄が興津晃彦に「私に、しっかりと連絡をしてくれるんですよ」と笑っていました。

興津晃彦は「部下の鏡じゃないですか」と不敵な笑みを浮かべますが、この時に連絡をしていたのは、鵜飼吉久と限った訳ではありません。

なぜなら、晶も興津晃彦と通じていたからです。

ラストシーンでは、ゲームの大事なデータが抜かれていましたが、この光景を見て、鵜飼吉久は愕然としていました。

もしも、自分で情報を抜き取っていたら、このように愕然とする訳ではないので、電話をしていたのは晶か鵜飼吉久の可能性がありますが、少なくともデータを抜き取るほどの裏切り行為はしていないでしょう。

ゲームのデータを抜き取ったのは、かなりの高い確率で晶と言えます。

ドラマ『アトムの童 第3話』の見所とまとめ

引用:https://www.tbs.co.jp/atomnoko_tbs/

第3話では、鵜飼吉久(林泰文)が裏切り者のような行動をしていますが、それよりも晶のほうが怪しいですね。

インド人が支援してくれるかもしれないタイミングで、大事なゲームのデータが無くなってしまうので、この後はどのように挽回するのか期待したい所です。