AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


シュリやオコエたちがAppleを侮辱する?映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』

映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』では、シュリやオコエたちがAppleを侮辱するシーンがあったので、詳しく紹介しましょう。

映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』のキャスト

アメリカ合衆国のヒーロー映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』は、日米で2022年11月11日に公開されました。

監督&脚本

登場人物&俳優

映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』のストーリー

ブラックパンサーとして知られていたティ・チャラが、亡くなってしまい、ワカンダは国王を失ってしまい、喪に服していました。

アメリカ合衆国は、ヴィブラニウムの探知機を作り上げて、大西洋でワカンダにしかないと思われていた金属を探そうとして、青い色をした人間に襲撃されて全滅してしまいます。

青い色をした人間たちは、海の王国タロカンの者たちでした。その国王のネイモアは、ワカンダに「ティ・チャラが、ヴィブラニウムを世界に知らしめてしまったので、我が王国が危機にひんしている」

「そのため、お前たちが、探知機を作り上げた技術者を見つけてこい」と言い放って、王女のシュリやオコエ隊長が、技術者を見つけ出しますが、タロカンに技術者を引き渡そうとしません。

そこで、タロカンはシュリ王女もろとも、技術者をさらってしまいます。ラモンダ王女は、ネイモアに会っている間に、ひそかにシュリ王女を奪還させますが、タロカンの女性を一人殺害してしまったのです!

タロカンは騙された事に「許せん」と憤り「タロカンよ立ち上がれ!」と叫び、ワカンダよりも、屈強の兵士が多い国が、タロカンの首都に猛攻をしかけてしまいます。

各地で水上爆発を起こしながら、音波攻撃で兵士たちはマトモに戦えず、ラモンダ女王は殺害されてしまいました。

ネイモアは「自業自得だ!今度は全軍で来るから、それまでに従うか考えろ」と叫び、シュリは復讐を誓いますが、ブラックパンサーがいない中で、タロカンに勝てるのでしょうか?

『シュリやオコエたちがAppleを侮辱』

シュリやオコエたちは、タロカンと戦争にならないように、ヴィブラニウムの探知機を作り上げた技術者を見つけ出すために、アメリカ合衆国に潜入します。

ところが、アメリカ人たちが、AppleiPhoneを使っているのを知って「iPhoneを使っているなんて、原始的ね」と侮辱してしまうのです。

日本では、iPhone人気が高くて、円安も伴い、価格が高騰しているのに、そんなiPhoneを侮辱するとは、さすがワカンダの者たちという感じがしました。

ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』と他の映画を比較

ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバーの前作『ブラックパンサー』では、ティ・チャラがいかにして、ワカンダを守ろうとしたのか?それがよく分かる内容になっています。

今作では、序盤でいきなりティ・チャラが亡くなってしまうので、いかにしてティ・チャラが活躍していたのか?知りたい方には、前作を見てみる事をオススメします。

www.akira-movies-drama.com

映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』のまとめ

引用:https://marvel.disney.co.jp/movie/blackpanther-wf

ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバーを見た感想について、詳しく解説します。

映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』のオススメ層

今回は、ヒーローが活躍するだけではなく、多くの女性たちが活躍して、特にシュリ王女が陣頭指揮を取り、タロカンに復讐しようとするので、女性にオススメしたい映画になっています。

  • 男性:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 女性:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • キッズ:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️⭐️

映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』の残念な所

ティ・チャラが活躍するものと思って期待していたのに、いきなり亡くなった所から始まるので『嘘でしょう?』と驚かされました。

前作では、車に飛び移って、激しいアクションシーンを見せてくれただけに、凄く残念な展開でした。

ネタバレになるので、あまり言いませんが、途中でブラックパンサーが登場しますが、ブラックパンサーが活躍するのは、わずかな時間だったので、その辺りも残念な所です。

映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』の見所

ブラック・パンサーの登場シーンは少ないのですが、タロカンとワカンダの戦争シーンは、なかなか迫力があり、見応え十分でした。

さらに、躍動感のあるBGMが流れるのは、今作も健在で、スピーディーのあるアクション映画を見たい方には、見所の多い作品になっています。

シュリ王子は、美しい海の中へ入って行きますが、その時に地上では見られない美しい映像が流れるのも、見逃せないポイントですね。

  • ビジュアル:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 音楽:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • ストーリー:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️