AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


岩戸鈴芽(原菜乃華)がノートを黒く塗り潰していた訳を解説!映画『すずめの戸締まり』

映画『すずめの戸締まり』では、岩戸鈴芽(原菜乃華)がノートを黒く塗り潰していたので、詳しく紹介しましょう。

映画『すずめの戸締まり』のキャスト

日本の2Dアニメ映画『すずめの戸締まり』は、2022年11月11日に公開されました。

監督&脚本

登場人物&声優

  • 岩戸鈴芽(声:原菜乃華)禁断の扉を開けてしまう女子高生
  • 宗像草太(声:松村北斗地震を起こさないように旅する閉じ師
  • ダイジン(声:山根あん)岩戸鈴芽になつく、白い猫
  • 岩戸環(声:深津絵里)岩戸鈴芽の叔母
  • 岡部稔(声:染谷将太)岩戸環の同僚
  • 二ノ宮ルミ(声:伊藤沙莉)スナックのママ
  • ミキ(声:愛美)二ノ宮ルミの店で働く女性
  • 海部千果(声:花瀬琴音)愛媛で、岩戸鈴芽と出会う少女
  • 岩戸椿芽(演:花澤香菜)鈴芽の母で、環の姉
  • 芹澤朋也(声:神木隆之介)宗像草太の友人
  • 宗像羊朗(声:松本白鸚)宗像草太の祖父で、入院中

映画『すずめの戸締まり』のストーリー

岩戸鈴芽は、学校へ向かおうとしたら、通行人の宗像草太から「ねぇ、この辺りに廃墟で扉のある場所を知らないかな」と尋ねられるので「あちらのほうにありますよ」

「ありがとう」と、男は立ち去っていきますが『凄くイケメン』と思ってしまい、凄く気になって、廃墟の所へ行くと、水たまりの中央に、壁もないのに扉がポツンと設置されていました。

気になって、扉を開けると、そこには夕暮れの草原が広がっていますが、そこへ行こうとすると元の世界に戻ってしまい、不思議な空間で戸惑います。

近くにあった置物を拾い上げると、まるで生き物かのように走り去っていくので『なんなの?』と思ってしまい、学校へ向かいますが、廃墟のはる山から赤黒い煙があがっていました。

しかし、周りの生徒には見えなくて、戸惑う中で、廃墟へ向かうと、宗像草太が扉を閉めようとしますが、煙がどんどん扉から放出されていくので、手伝って扉を閉じてあげます。

宗像草太は怪我をしたので、自宅の部屋で手当をすると、そこに白い猫が現れて「鈴芽好き」と言ってきて、宗像草太は『何だ、こいつは?』と戸惑うと「お前は邪魔」と椅子に変えてしまいます。

宗像草太は、今まで閉じ師として、日本中を旅しながら、扉を閉じてミミズが暴れないようにしてきました。もしも、赤黒い煙のミミズが扉から出てしまい、暴れ出したら大地震が起きてしまうのです。

ダイジンと呼ばれるようになった白い猫は、もともとミミズが暴れないための要石だったので、再び要石に戻そうとしますが、上手くいくのでしょうか?

『岩戸鈴芽(原菜乃華)がノートを黒く塗り潰していた訳』

(上と下の動画は、津波の映像が流れるので、苦手な方は注意して下さい)

岩戸鈴芽(原菜乃華)は、なぜか若い頃に、ノートを黒く塗りつぶしている所があり、それは3月11日の時でした。

若い頃に、扉の中に入った事がありましたが、ミミズは赤黒い色なので、仮にミミズを以前に見た事があったとしても、それを黒く塗りつぶすのは不自然です。

岩戸鈴芽は、東北の片田舎で生まれ育っていた時に、地震で母親とはぐれてしまい、母親は行方知れずとなったので、叔母に引き取られて育てられていきました。

3月11日は、東日本大震災が東北地方に襲いかかり、黒い津波が堤防を乗り越えて、車も人も言えも流していき、1万8425人もの方が亡くなってしまったのです。

恐らく、岩戸鈴芽がノートを黒く塗りつぶしたのは、この黒い津波の事ではないでしょうか?

『すずめの戸締まり』と他の映画を比較

すずめの戸締りは、ミステリアスなストーリーになっている上に、幻想的な歌が流れて、魅力的なアニメ映画になっています。

それに引き換え『バブル』も、ミステリアスなストーリーになっていて、天使のような歌声は、ノスタルジーな感じもして、見る者を惹きつけます。

バブルは、なぜか、東京に多くの泡が降っていき、水浸しになってしまうので、東京タワーに何か関係があるのではないか?と思って、東京タワーに登ろうとした時に、多くの困難が降りかかってしまいます。

なぜ、東京にだけ、多くの泡が降り注いでしまったのか?その謎も魅力的な所ですね。

www.akira-movies-drama.com

映画『すずめの戸締まり』のまとめ

引用:https://suzume-tojimari-movie.jp/

すずめの戸締まりを見た感想について、詳しく解説します。

映画『すずめの戸締まり』のオススメ層

アニメ映画ですが、ミミズが暴れ出して、地震を引き起こすストーリーになっているので、身近にある題材を扱っている事から、大人でも楽しめる映画になっています。

さらに、学生が、愛する人を守るために奮闘する事から、学生にもオススメの映画ですね。

  • キッズ:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️⭐️

映画『すずめの戸締まり』の残念な所

岩戸鈴芽が、母親とはぐれてしまう所が、あまり細かく描かれていないのは、少し残念な所でした。

しかし、これは東日本大震災で被害にあった方に配慮して、あまり地震を細かく描いていなかったかもしれないので、仕方のない所かもしれません。

映画『すずめの戸締まり』の見所

岩戸鈴芽や宗像草太たち、美男美女が登場する上に、可愛らしい白い猫や、恐ろしいミミズなどが登場して、キャラクターの魅力があり、惹きつけられるものがありました。

しかも、ノスタルジーな歌が、ストーリーにも合っていて良かったですね。

白い猫は、岩戸鈴芽になついて、仲良くなりたかっただけなのに、途中で嫌われてしまい、少し可哀想でしたね。

しかし、白い猫が「早く、宗像草太を要石として、ミミズに刺さないと人がいっぱい死ぬよ?」と迫ってしまうので、少し怖い所があり、そこがまた良かったです。

  • ビジュアル:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • キャラクター:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • ストーリー:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️