AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


神志名将役の井之脇海の妹は上白石萌歌?ドラマ『クロサギ 第10話(最終話)』

ドラマ『クロサギ 第10話(最終話)』で、神志名将役の井之脇海さんは、上白石萌歌さんを妹みたいと言っていたので、その理由について紹介します。

ドラマ『クロサギ 第10話(最終話)』のキャスト

クロサギは、2022年10月21日から放送開始されました。

脚本&演出&原作

登場人物&俳優

ドラマ『クロサギ 第10話(最終話)』のストーリー

吉川氷柱は拉致されてしまいますが、黒崎高志郎は先回りして、スタンガンで宝条兼人の手先たちを撃退して、車で逃亡していきました。

桂木敏夫を敵に回した以上は、もう誰にも頼れない状況で、あの白石陽一が現れます。

意外にも、白石陽一は、吉川氷柱をかばってくれる事になり、黒崎高志郎は宝条兼人に集中する事が出来ました。

早瀬かの子は、そんな黒崎高志郎を助けてあげますが、白石陽一が店にやってきて「桂木さん、本当はあなたの指示なんでしょう?あいつは、あなたと宝条が一緒に命を狙っていると思っていますよ?」

「想像力が豊かだな、小説家にでもなったら、どうだ?」と茶化されてしまいます。

その頃、黒崎高志郎は、あと一歩という所で、宝条兼人に詐欺を見抜かれてしまい、取り逃がしてしまいます。

宝条兼人は、すぐに他の所で取引をしようとすると、そこに黒崎高志郎が現れて「さすがのあんたも国債をちらつかせたら、警戒するだろうから、保険のために、もう1個仕込んでいたんだよ」

宝条兼人は「わざわざ勝利宣言しに来たんですか?あなたとお父さんは似ている。御木本さんを殺したんでしょう?私も殺しますか」と問いかけますが「生きて罪をつぐなえ」と言って立ち去って行きました。

しかし、黒崎高志郎は、政治家の秘書にナイフで刺されてしまって、倒れてしまいました。

黒崎高志郎は、宝条兼人の悪事を記録したものが、宝条兼人の手に渡らないように、吉川氷柱に託そうとしますが、どうなってしまうのでしょうか?

『神志名将役の井之脇海の妹は上白石萌歌?』

神志名将役を演じていた井之脇海さんは、上白石萌歌さんとスペシャルドラマ『義母と娘のブルース』や朝ドラ『ちむどんどん』などで共演をしてきました。

あまりにも共演する作品が多くて、仲も良い事から、鶴瓶さんから「付き合おうてないやろな?」と指摘されてしまい、井之脇さんは「付き合ってないです。全然」と否定して、妹のような存在になっていました。

参照元https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/12/03/kiji/20221203s00041000281000c.html

実際に、血はつながっていなくて、付き合ってもいませんが、気心が許せる俳優仲間なので、妹のような存在になったのでしょう。

ドラマ『クロサギ 第10話(最終話)』の見所とまとめ

引用:https://www.tbs.co.jp/kurosagi_tbs/

第10話(最終話)では、神志名将(演:井之脇海)が、なんとか黒崎高志郎を保護したかったのですが、少し遅かったですね。

それでも、クロサギには多くの仲間がいるので、きっとこれからも、多くの詐欺師を食っていくのかもしれません。

少し憎まれ役の刑事でしたが、凄みのある演技を見せてくれて、クロサギのストーリーを盛り上げてくれましたね。