北川景子の演技力は下手なのか上手なのか?映画別に紹介!

北川景子さんの演技力は下手なのか上手なのか?映画別に紹介するので、参考にしてみて下さい。

北川景子の『ドクター・デスの遺産』の演技力は下手ではなく上手!

引用:https://wwws.warnerbros.co.jp/doctordeathmovie/

映画『ドクター・デスの遺産』は、家族が苦しむ身内を楽にして欲しいと願い、ドクター・デスと言われる医師に安楽死を求めてしまいます。

日本は、法律で安楽死を認めていなかったのですが、その医師は無償で、その願いを聞き届けてきました。

高千穂明日香(演:北川景子)と犬養隼人(演:綾野剛)たち二人の刑事は、そんな医師を捕まえようとしますが、家族たちは「あの先生は救ってくれたんです」と感謝をして、全く捜査に協力しようとしません。

北川景子さんは、そんな苦しい捜査をする刑事役を熱演していて、あの綾野剛さんをひっぱたいてしまうシーンもあり、その迫力には圧倒されるものがあります。

この映画を見れば、北川景子さんの演技力が下手ではなく、上手である事が、よく分かるハズです。

北川景子の『約束のネバーランド』の演技力は上手すぎて恐ろしい?

映画『約束のネバーランド』では、孤児院の子供たちから、ママと慕われているイザベラ(演:北川景子)がいましたが、この女性には大きな秘密がありました。

それは、子供たちを新たな親元に送っていると見せかけて、鬼に食用として捧げていたのです。

今まで、イザベラを慕っていたエマ(演:浜辺美波)は「あれはママじゃないよね」と嘆き悲しみますが、イザベラが子供を鬼に捧げていたのは紛れも無い事実でした。

子供たちは、脱走を試みますが、イザベラはエマの足をへし折ってしまうのです。

この映画では、北川景子さんが、最初は聖母のように優しい微笑みを浮かべていたのに、途中から悪魔のような冷笑を見せてしまい、演技力が上手すぎて恐ろしさすら感じるのは間違いないでしょう。

北川景子の『ラーゲリより愛を込めて』の演技力は心を打つほど上手い!

映画『ラーゲリより愛を込めて』では、日本軍の山本幡男(演:二宮和也)が、祖国が負ける事を予想して、ソ連が裏切って攻めてきたら、いち早く妻の山本モジミ(演:北川景子)や子供たちを日本の本州へ逃します。

www.akira-movies-drama.comこの映画では、北川景子さんが、夫が無事に帰ってくるはずと信じ続ける役を熱演していて、天を仰ぐように「あなたに会いたい」とつぶやく所は、胸を打つほど演技力が上手でした。