AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


有村架純の演技力は下手なのか上手なのか?作品別に紹介!

有村架純さんの演技力は下手なのか上手なのか?作品別に紹介するので、参考にしてみて下さい。

有村架純の『石子と羽男』の演技力が下手ではなく上手な理由!

ドラマ『石子と羽男-そんなコトで訴えます?-』では、石田硝子(演:有村架純)が優秀なパラリーガルとして働いていましたが、少しドジな弁護士の羽根岡佳男(演:中村倫也)を支える事になってしまいます。

しかし、二人は、よく意見が衝突してしまい、でこぼこコンビな所がありますが、それでも多くの人たちを救っていきます。

www.akira-movies-drama.com有村架純さんは、ダメな弁護士を叱咤激励していくシーンで、口を大きく開けて叫んだり、目を見開いて睨んでしまったりして、その迫力のある演技力は凄く上手としか言いようがないですね。

決して、ネームバリューにあぐらをかかずに、演技力が下手になっていないので、多くのドラマや映画に出演できるのでしょう。

有村架純の『姉ちゃんの恋人』で演技力が下手に見えてしまう?

www.instagram.comドラマ『姉ちゃんの恋人』では、安達桃子(演:有村架純)は、少し手のかかる弟たちの面倒を見ながら、吉岡真人(演:林遣都)と付き合う事になります。

ところが、吉岡真人は以前に、恋人を守るために男たちを叩きのめしたら、女性はレイプされかかった事を言うのが恥ずかしくて、そんな事はされていないと証言してしまいました。

吉岡真人は、刑事たちから、酒に酔っ払って暴力を振るったんだろうと責められて、前科者になってしまいます。

安達桃子は、そんな彼であっても寄り添おうとして、弟たちも姉の恋人を認めてあげるのです。

しかし、有村架純さんが肝っ玉ねえちゃんという役柄をするには、やはり優しい感じがありましたし、演技力が下手なように見えたかもしれません。

肝っ玉のある姉ちゃんをするには、若い女優ですし、そういうイメージが今まで無かったので、普段の演技力の高さを見せつけるには、難しすぎる役立ったと言えます。

有村架純の『どうする家康』で演技力が下手に見えるかはこれから?

大河ドラマ『どうする家康』で、有村架純さんは、徳川家康正室 瀬名姫の役を演じる事になりました。

現在は、まだ夫婦仲が良好なので、明るい雰囲気で優しそうな有村架純さんで、何ら問題はないでしょう(2023年1月時点の情報)。

ただし、瀬名は、悪妻と言われている人物で、武田の回し者と深い関係に堕ちて、息子の信康を父の家康に逆らわせようとします。

しかも、自分の一族と深い関係のある今川と戦った織田信長を『今川の仇』と言って、はばかりませんでした。

こういった所が積み重なり、瀬名は信康と共に処罰される事になってしまったので、今まで悪役をあまり演じてこなかった有村架純さんで、どこまで演じきれるのか?注目が集まっています。

もしも、瀬名が悪女という通説をくつがえして、実は良い妻だったというストーリーになれば、何も問題はありません。

有村架純さんの演技力が下手なのか上手に見えるのか?それは、今後の『どうする家康』のストーリーによって、違って見えてくるでしょう。