AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


千秋役の市川由衣の夫はダメ刑事役で有名な俳優?ドラマ『Get Ready!(ゲットレディ) 第2話』

ドラマ『Get Ready! 第2話』で、千秋役を演じていた市川由衣さん、夫がダメ刑事役で有名な俳優なので、詳しく紹介しましょう。

ドラマ『Get Ready! 第2話』のキャスト

Get Ready!は、2023年1月8日から放送開始されました。

脚本&演出&監修

登場人物&俳優

Get Ready!に登場する人物や俳優たちは、以下の通りです。

闇チームと関係者
  • 波佐間永介(演:妻夫木聡)天才的な執刀医
  • 下山田譲(演:藤原竜也)オペ患者と交渉するジョーカー
  • 依田沙姫(演:松下奈緒)敏腕ナース
  • 白瀬剛人(演:日向亘)天才的なハッカーでスペードの異名を持つ
  • 嶋崎水面(演:當真あみ)カーサブランシェに通う女子高生
千代田医科大学附属病院
  • 染谷慈恩(演:一ノ瀬颯)外科医で、院長令嬢の婚約者
  • 剣持玲於奈(演:結城モエ)院長の娘
  • 剣持理三(演:鹿賀丈史)院長であり理事長でもある人物
  • 橋元芙美(演:橋本マナミ)外科医
  • 幾田洋一(演:中山麻聖)外科医
  • 汐留明(演:田野倉雄太)研修医
  • 台場虹江(演:長見玲亜)研修医
警視庁特務捜査課
  • 佐倉亮一(演:矢島健一)課長
  • 菊川忍(演:片山友希)佐倉亮一の部下
  • 東堂雄彦(演:菅原卓磨)佐倉亮一の部下
  • 加須崇(演:吉田涼哉)元CSIの捜査官
  • 久豆番(演:川本光貴)ハッカー
その他

ドラマ『Get Ready! 第2話』のストーリー

下山田譲は、占い師のポップ からお金を提示されてしまうので、断ろうとすると「あなたが浮気している事は分かっています。でも、それ以外にも知っていますが、それ今言っても?」

「それは脅し」と切り返そうとしたら「占い!」と強く迫られてしまい、しぶしぶお金を払うと「あなたには女難の相があります。もう少しで前の奥さんがやってきます……来ました」

そう言われると、すぐ近くには、前の妻の千秋が、息子を連れて待ち構えていました。

千秋は、下山田譲と二人っきりになった所で「うちの息子が、どの受験にも落ちてしまったけど、ある所では、2億円を寄付すれば、裏口入学してもらえるっていうの」

「お前、息子が裏口入学してもらったと知ったら、傷つくぞ」と説得しようとしても、全く聞く耳を持たず、2億円を用意するように強要されてしまいました。

坊城理事長は、2億円も用意してくれた波佐間永介に「我々は、テストの点数ではなく、子供の個性や伸びしろを重視しています」と言って、裏口入学を約束しようとします。

そこに、理事長の息子である康之が現れて「あなた、弁護士として恥ずかしくないんですか?」と批判してきて、あと一歩という所で、裏口入学の話が進まなくなってしまいました。

坊城理事長は体調が悪くなり倒れかかってしまい、余命いくばくもありませんでした。

そんな時に、康之が会議で、父親に向かって「もう少しで、週刊誌で裏口入学の記事が発表されます。あなたには引責辞任してもらいます」と言って、多数決を取り、強引に理事長の座から引きずりおろされました。

一見すると、助ける価値がないように見えた男でしたが、波佐間永介は「あんな奴でも、理想があるらしい」と言って、調べる事になります。

はたして、金の亡者と思われた男には、どんな理想があるのでしょうか?

『千秋役の市川由衣の夫はダメ刑事役で有名な俳優』

引用:https://www.tbs.co.jp/getready_tbs/story/

千秋役を演じていた市川由衣さんの夫は、戸次重幸さんという俳優です。

実は、戸次重幸さんは『監察医 朝顔』で、刑事役を務めていましたが、後輩が先に出世してしまい、それに嫉妬するという情けないダメ刑事を演じていました。

引用:https://www.office-cue.com/profile_media/profile.php?t=5

最初は、部下思いな感じでしたが、途中で部下に嫉妬して、愚痴をこぼす役でしたが、演技派の俳優として、知られているので、市川由衣さんとお似合いの夫婦という感じがしますね。

ドラマ『Get Ready! 第2話』の見所とまとめ

引用:https://www.tbs.co.jp/getready_tbs/

第2話では、千秋(演:市川由衣)が、かなり怖い感じの奥さんでしたね。

市川由衣さんの夫は、監察医 朝顔ではダメ刑事を演じていましたが、いつか映画やドラマで共演する所も見てみたいです。

2話を見ていたら、波佐間永介(演:妻夫木聡)は、恐らく理事長のお陰で、授業を受けられたのではないかな?と思わせる伏線があって、少し感慨深くなりました。