AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


カルロス力也(演:坂今日一)が猛獣に殺害される?ドラマ『警視庁 ナシゴレン課 第5話』

f:id:akira2013web:20211107222206p:plain

出展:https://www.telasa.jp/

ドラマ『警視庁 ナシゴレン課 第話 第5話』では、カルロス力也(演:坂今日一)が猛獣に殺害されてしまいますが、そこには不可解な所もあるので詳しく紹介しましょう。

ドラマ『警視庁 ナシゴレン課』のキャスト

警視庁 ナシゴレン課は、2016年10月18日〜12月20日に放送された刑事ドラマです。

警視庁 ナシゴレン課の登場人物や、俳優さんたちは以下の通りです。

  • 風早恭子(演:島崎遥香)警視庁 ナシゴレン課の課長
  • 石鍋幹太(演:古田新太)イジられやすい巡査部長
  • 伊吹暁彦(演:勝村政信)課長補佐
  • 高見拳次郎(演:波岡一喜)元科学捜査班
  • 鳥海琴美(演:猫背椿)警視庁ナシゴレン課の警部補
  • 野田哲(演:越村公一)パートタイム刑事
  • 浅羽ショウ(演:中山麻聖)警視庁ナシゴレン課の巡査部長
  • 飯星(演:上島竜兵)サーカス団の団長
  • カルロス力也(演:坂今日一)殺害されてしまうサーカスの団員
  • リポーター(演:松井佳子)サーカズの事件を報道するリポーター

ドラマ『警視庁 ナシゴレン課』シリーズのストーリーと豆知識

下のリンクをクリックしたら『警視庁 ナシゴレン課』シリーズのストーリーや豆知識を見る事ができます。

www.akira-movies-drama.com

ドラマ『警視庁 ナシゴレン課 第5話』のストーリー

サーカスのカルロス力也が亡くなってしまいますが、今回の被疑者は人間ではなく、何と!虎と像だったのです。

サーカスの飯星団長は「今回は悲しい事が起きてしまって」と満面の笑みで言ってしまうので、ナシゴレン課の刑事たちから「全然、悲しそうではないですねぇ」と突っ込まれてしまうのです。

長らく、観客を楽しませてきたので、笑顔でいる事がクセになっていました。風早恭子は「虎と像を一緒にするなんて危険じゃないの?」と聞きますが、飯星団長は「これはカルロスが提案した事なんですよ」と反論します。

風早恭子は「あなたにはアリバイがありますからね」と手を緩めないので、飯星団長は「ひどいな、僕を疑っているんですかぁ?」。

ナシゴレン課の刑事たちは、虎と像のどちらが犯人なのか調べようとしますが、被害者は背中を見せて殺害されていました。本当に猛獣が犯人であれば、そんな猛獣を相手に背中を見せるとは考えづらい所でした。

そこで、風早恭子は「あなたが犯人」と、飯星団長を名指ししてしまうのです!なぜ、アリバイがある団長を犯人と言ってしまったのでしょうか?

『カルロス力也(演:坂今日一)が猛獣に殺害された理由』

カルロス力也(演:坂今日一)は、当初こそ猛獣に殺害されたと思われました。なぜなら、殺害された時間帯の時に怪しい人間がいなかったからです。

そのため、猛獣に殺害された悲しい事故と思われていましたが、不可解な事がありました。それは、背中を見せて殺害されていたので、猛獣を相手に背中を見せるというのは、サーカスの団員にあるまじき失態です。

そういった事を考えたら、カルロス力也が信頼していた相手が犯人の可能性があるので、例えアリバイがあったとしても、飯星団長が怪しかったという訳ですね。

ドラマ『警視庁 ナシゴレン課』を見られる動画配信

警視庁 ナシゴレン課シリーズを見られる動画配信はU-NEXTです(2021年11月時点)。

下の広告をタップ(クリック)したら、U-NEXTを登録できるページにアクセスできます。初入会の方であれば、31日間はU-NEXTの基本料金は無料です。

ドラマ『警視庁 ナシゴレン課 第5話』の見所とまとめ

第5話では、カルロス力也(演:坂今日一)が殺害されましたが、まさかダチョウ倶楽部上島竜兵さんが出演しているとは思いもよりませんでした。

今まで、バラエティ番組ばかりに出ている芸人さんだったので、ミステリードラマに出演してくるとは予想外でしたね。

それでも、ミステリードラマでも、あのスマイルは健在だったので、上島竜兵ファンにとっては、この第5話は必見と言えるでしょう。