AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


映画『モアナと伝説の海』の見逃し配信を無料で見る方法

島の少女が、世界の闇を葬る映画『モアナと伝説の海』の見逃し配信を無料で見る方法について紹介するので、参考にしてみて下さい。

『映画『モアナと伝説の海』の見逃し配信を無料で見る方法』

動画配信『U-NEXT』に初めて入会した場合には、1200ポイントもらえるので、そのポイントを使えば、映画『モアナと伝説の海』を無料で見る事ができます。

ただし、本ページの情報は2022年2月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
31日間を過ぎたら、月額1,990円(税別価格)かかるので、31日の間に今後もU-NEXTを契約し続けるか考えるのも悪くありません。

映画『モアナと伝説の海』のキャスト

アメリカ合衆国のディズニー映画『モアナと伝説の海』は、日本では2017年3月10日に上映されました。

監督&脚本

  • 監督:ロン・クレメンツ・ジョン・マスカー
  • 脚本:ジャレド・ブッシュ

登場人物&声優

  • モアナ・ワイアリキ(声:屋比久知奈)海に選ばれし少女
  • マウイ(声:尾上松也)風と海の神
  • トゥイ・ワイアリキ(声:安崎求)モアナの父親
  • シーナ・ワイアリキ(声:中村千絵)モアナの母親
  • タラ(声:夏木マリ)モアナの祖母
  • タマトア(声:ROLLY)釣り針を持つ魔物
  • ヘイヘイ(声:多田野曜平)モアナになつく鶏

『モアナと伝説の海』のストーリー

ある島の村長の娘として生まれたモアナは、好奇心旺盛な少女でした。そんなモアナが、祖母から昔話を聞かされていました。その昔話では、命の女神テ・フィティによって、この世界が誕生したというのです。

ところが、 風と海の女神マウイは、テ・フィティの心を盗んでしまって、世界は闇に覆われていったのです。その昔話を聞いて驚いてしまうモアナですが、父親は、これでモアナは遠くの海まで出かけようとは思わないだろうと安心します。

モアナは大人の女性として成長していく中で、島に大きな異変が起きている事に気付きます。ココナッツの中身が空っぽになってしまう上に、魚も獲れなくなってしまったのです。

そんな時に祖母がモアナが落としてしまったテ・フィティの心を渡して「マウイを見つけ出して・テ・フィティに心を返すように」と諭します。

モアナは祖母を放ってはおけないと言いますが、祖母は行くんだと力強く言います。モアナは独りで船をこぎだしますが、その船には何とモアナのペットであるヘイヘイがついてきたのです。

長い旅になり、ようやくマウイを見つけて、テ・フィティの心を返そうとしますが、その願いを拒絶してしまいます。なぜなら、溶岩の魔物であるテ・カァが行方をさえぎっていたからです。

はたして、このような状況で、世界の闇を消滅させる事ができるのでしょうか?

『モアナと伝説の海』の豆知識

モアナには、可愛い豚のペット『プア』がいました。しかし、プアは海を怖がっていたので、島に置いていく事になりましたが、こうしてモアナはマウイを探す旅に出かける事になりました。

本当は、プアと一緒にいたかったのでしょうけど、海を怖がっていた事もありましたし、決して安全な旅とは言えなかったので、断腸の思いでプアを島に置いていった訳ですね。

『モアナと伝説の海』と他の映画を比較

同じディズニー映画で『ミラベルと魔法だらけの家』がありますが、この作品ではミラベルだけが魔法を授けられなくて、アルマおばあちゃん(声:中尾ミエ)が厳しく接してきます。

一見すると、才能のない娘のように感じられますが、ミラベルだけが、魔法の屋敷が崩れていく未来を見る事ができて、なんとかしようと奮闘していくのです。

不器用でも、周りの人間たちのために動こうとするのは、モアナと共通する所があるので、今作を気に入った場合には『ミラベルと魔法だらけの家』も見てみる事をオススメします。

www.akira-movies-drama.com

映画『モアナと伝説の海』の感想

モアナのペットであるプア

引用:http://www.disney.co.jp/movie/moana/character/pua.html

モアナと伝説の海では、偉大な神や凶悪な神が現れていく中で、モアナが必死にテ・フィティに心を戻そうと奮闘するストーリーになっていました。そこで 、私が、この映画を見た感想を紹介するので参考にしてみて下さい。

映画『モアナと伝説の海』のオススメ層

モアナが島の家族を悩ませてしまいますが、その根底にあるのは、周りの人間を助けたいという思いがあります。

子供であっても成長していくうちに、親に反抗していくる事があります。

この映画を見れば、この反抗をタダの反抗期と見るか?それとも成長期と見るか?その考えてが変わっていくかもしれません。

  • 親御さんたち:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
  • キッズ:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • 若年層:⭐️⭐️⭐️
  • 中年層:⭐️⭐️⭐️⭐️
  • シニア層:⭐️⭐️⭐️

映画『モアナと伝説の海』の残念な所

この映画ではディズニー映画らしく、キャラクターたちが歌って踊っていくシーンが登場します。 そのため、明るくて希望のあるアニメになっていて、親子で楽しく見る事ができる映画になっていました。

ただし、私が少し残念かなと思ったのは、もう少しモアナは可愛らしい顔立ちにしても良かったのではないかな?と思ってしまいました。

マウイは猛々しい神として、チリチリの髪になっているのは納得できますが、モアナの顔をもう少し島のプリンセスのような顔立ちにして欲しかったですね。

映画『モアナと伝説の海』の見所

ディズニー映画では、最近になって多くのCGを採用するようになりました。そして、モアナと伝説の海でも、CGが使われていたのですが、美しい海をCGとして再現している所は凄かったですね。

CGで海や水を再現するのは難しい事もあって、あの美しさは見事でした。そしてモアナのペットであるプアの可愛らしさや、明るく歌うシーンなども、この映画の大きな見所ですね。