AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


大場麻琴役の内田有紀が伊藤英明に厳しく注文?ドラマ『未来への10カウント 第6話』

引用:https://www.tv-asahi.co.jp/10count/

ドラマ『未来への10カウント 第6話』で、大場麻琴役の内田有紀伊藤英明に厳しく注文した事があったので、詳しく紹介しましょう。

ドラマ『未来への10カウント 第6話』のキャスト

未来への10カウントは、テレビ朝日系で2022年4月14日から放送開始されました。

脚本&演出

登場人物&俳優

  • 桐沢祥吾(演:木村拓哉)高校時代に4冠を成し遂げた元ボクサー
  • 桐沢史織(演:波瑠)桐沢祥吾の元妻
  • 大場麻琴(演:内田有紀)松葉台高校の校長
  • 猫林はじめ(演:生瀬勝久)松葉台高校の教頭
  • 原葵(演:満島ひかり)松葉台高校の新任のボクシング部顧問
  • 甲斐誠一郎(演:安田顕)桐沢祥吾の親友
  • 伊庭海斗(演:高橋海人)ボクシングを引っ張る3年生の部員
  • 水野あかり(演:山田杏奈)強くなりたくてボクシングを始める女子
  • 西条桃介(演:村上虹郎)大阪からの転校生
  • 日比野雅也(演:馬場徹)進学担当の数学教諭
  • 坂巻勝夫(演:オラキオ)体育教諭
  • 玉乃井竜也(演:坂東龍汰)ボクシング部員の2年生
  • 友部陸(演:佐久本宝)元文芸部員のボクシング部員
  • 西山愛(演:吉柳咲良)ボクシング部のマネージャー
  • 江戸川蓮(演:櫻井海音)真面目なボクシング部員
  • 天津大地(演:阿久津仁愛)ボクシング部の1年生
  • 森拓己(演:大朏岳優)ボクシング部の1年生
  • 矢代智香(演:山口まゆ)ボクシング部に注目する新聞部員
  • 野崎太一(演:三浦獠太)カメラ担当の新聞部員
  • 槙浩介(演:富樫慧士)政治経済の授業を選ぶ生徒
  • 間地真実(演:八嶋智人)元ボクシング部顧問の理科教諭
  • 大野倫子(演:富田靖子)英語の教諭
  • 芦屋賢三(演:柄本明)ボクシング部の元監督
  • 芦屋珠江(演:市毛良枝)芦屋賢三の妻

ドラマ『未来への10カウント 第6話』のストーリー

桐沢祥吾は、ピザの配達をしていたら、ある家で亡くなった妻ソックリの女性に会ってしまい「史織?」と動揺してしまいます。

翌日になり、学校のボクシング部で、1年の西条桃介が2年の友部陸の顔面にジャブをしてしまい、怪我をさせてしまいました。周りの部員たちは「あんた、ちゃんと謝りなさいよ」と言いますが「だから、ゴメンって言うてるやろ」とギャグ切れします。

あまりにも、ふてぶてしい態度に、上級生と1年の間で不穏な空気が流れてしまいますが、友部陸の目に異常が見られませんでした。

しかし、友部陸は西条桃介と同じ階級だったので『自分なんて、無理だ』とびびってしまいます。

多くの部員たちが『打倒京明』のスローガンに怖気付いてしまうので、桐沢祥吾は「おい、西条!1ラウンドだけスパーリングするぞ」と言い出して、二人がリングにあがるので、周りの部員たちは『どうなるんだ』とザワついてしまいます。

西条桃介は「ホンマ、大丈夫かいな?」と大口を叩きますが、全く相手にされず、子供扱いされてしまって、1ラウンドも持たずに負けてしまって「ぜぇ、ぜぇ、ぜぇ」と息を切らしてしまいました。

西条桃介は「見ただろ?お前たちが強いと思っていた西条桃介も、あんなもんだ。お前たちも努力をしたら、西条桃介みたいに強くなれる。もちろん、西条桃介も練習をすれば、今よりも強くなれる」

「お前たち!自分に限界を作ってんじゃねぇぞ」と喝を入れて、ようやく全ての部員たちの闘争心に火が付いて、京明に向けて練習に挑む事になりました。

翌日になり、桐沢祥吾は、全ての部員とスパーリングを行なっていき、その後に誰を試合に出すのか決める事になります。はたして、誰が試合に出る事になるのでしょうか?

『大場麻琴役の内田有紀木村拓哉に無茶振りする訳』

大場麻琴役を演じていた内田有紀さんは、スペシャルドラマ『津田梅子 〜お札になった留学生〜』で、伊藤英明さんと出演した事がありました。

このドラマでは、内田有紀さんと伊藤英明さんは夫婦役で共演していましたが、明治の時代なので、夫から上から目線で、リハーサルで「やれ」と言われたら「うるさい!!」と言ってしまって、現代人女性ならではの厳しい注文をしていました。

料理に細かく言われるシーンでも「伊藤くん、やってよ」と言いたくなったので、色々と大変なドラマだったようですね。

このドラマでは、広瀬すずさん・池田エライザさん・佐久間由衣さんたちなど、若くて有望な女優さんたちも出演していて、見所の多いドラマでした。

ドラマ『未来への10カウント 第6話』の見所とまとめ

第6話では、ついに生意気な1年坊が、コーチにスパーリングでしごかれて、なかなか気分がスカッとしましたね。

しかし、ラストシーンで、西条桃介が他校の生徒とケンカしそうになるので、次回はどうなるのかなと心配になってしまいました。

www.akira-movies-drama.comドラマ『津田梅子〜お札になった留学生〜』では、お札に載る事になる津田梅子(演:広瀬すず)が主役となる時代ですが、この時はまだまだ女性の立場が厳しい時でした。

女性たちのための学校が開かれていく訳ですが、本気で女の力を発揮しようとする生徒が少なくて、なかなか上手くいかない所があります。

そんな時代なので、津田梅子(演:内田有紀)が、娘の梅子を心配する訳ですが、内田有紀さんと広瀬すずさんが、どのようにして親子関係を演じていくのか?その辺りが大きな見所になっていますね。