AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


館山留美役の夏子が完璧才女になり与田祐希を圧倒する?ドラマ『競争の番人 第7話』

ドラマ『競争の番人 第7話』で、館山留美役を演じていた夏子さんが、他のドラマで完璧才女になり、与田祐希さんを圧倒した事があるので詳しく紹介します。

ドラマ『競争の番人 第7話』のキャスト

フジテレビ系のドラマ『競争の番人』は、2022年7月11日から放送開始されました。

脚本&原作

  • 脚本 :丑尾健太郎神田優&穴吹一朗&蓼内健太
  • 原作:新川帆立

登場人物&俳優

  • 小勝負勉(演:坂口健太郎公取委ダイロクの男性審査官
  • 白熊楓(演:杏)犯人を逃してしまいダイロクに左遷される女性
  • 大森徹也(演:黒羽麻璃央)白熊楓の恋人
  • 桃園千代子(演:小池栄子)ダイロクの主査
  • 風見慎一(演:大倉孝二)ダイロクのキャップ
  • 六角洸介(演:加藤清史郎)審査官
  • 本庄聡子(演:寺島しのぶ)ダイロクを立ち上げた女性
  • 藤堂清正(演:小日向文世国土交通省事務次官
  • 緑川瑛子(演:大西礼芳)小勝負勉の同期
  • 紺野守里(演:石川萌香)デジタル解析チームに所属する女性
  • 黒崎美佐子(演:雛形あきこ)ブランド事業部長
  • 山辺純次(演:姜暢雄)三ツ星マーケットの社長
  • 館山留美(演:夏子)白熊楓に声をかける人物

ドラマ『競争の番人 第7話』のストーリー

白熊楓は、風見慎一から「白熊ちゃん一人で、調査案件を担当してみないか?」と任されて『今まで失敗続きだったけど、ついに自分一人で仕事をする時がきた』と思い、張り切って仕事をしようとします。

ところが、小勝負勉が「白熊さんには、まだ早い」と言っていた事が分かると『絶対に、あの男を見返してやる』と、ますます仕事にのめり混んでいきました。

大手通販サイト『三ツ星マーケット』は、自社オリジナルブランド『アンカレント』の再販売価格を維持しようとしていて、販売店に対して、指定した価格で売るように圧力をかけていた疑いがありました。

白熊楓は、凄い剣幕で出かけていくので、風見慎一は『大丈夫かなぁ』と思いながらも「白熊ちゃんなら、やってくれるハズだ」と自分に言い聞かせるようにつぶやきます。

その頃、白熊楓は黒崎美佐子にある資料を見せて「これが、あなたの目指していた事ですが」と静かに詰め寄っていました。ダイロクに電話がかかってきて、風見慎一が出て「光星マーケットの調査はストップしているハズです」と嘘をついてしまいます。

白熊楓は「アンカレントは目標だったんです、ある時期までは。光星マーケットに加わったのは、評価を高めるはずです。あなたの着ている服はアンカレントのものですよね?でも昔の服ですよね」

「なぜ、今の商品を着ないんでしょうか?それは、今のあなたが納得のいくものを作れていないんじゃないでしょうか?山辺さんは、最初からあなたを利用するつもりでしたよ」と、たたみかけますが、光星マーケットの不正を暴けるのでしょうか?

『館山留美役の夏子が完璧才女になり与田祐希を圧倒?』

館山留美役を演じていた夏子さんは、ドラマ『量産型リコ』にも出演していて、外見も美しくて、性格も完璧な女性役を演じていました。

北ひなみ(演:夏子)は、大石亮太(演:中島歩)の元カノという噂が広がっていて、小向璃子(演:与田祐希)は大石亮太の事が好きだったので、そんな才女が気になってしまいます。

しかし、外見も性格も完璧な女性である事が分かり、小向璃子(演:与田祐希)は圧倒されてしまいます。

今作のドラマとは、また違う夏子さんが見られるので、なかなか見所の多いドラマでした。

動画配信『dtv』に入会したら、ドラマ『量産型リコ 第1〜7話』を見られるので、夏子さんが完璧な才女として、周りを圧倒するシーンを視聴できます。

dtvに初入会の場合には、初月は無料で利用できます。ただし、2022年8月時点の情報なので、詳しい事はdtvサイトで確認してみて下さい。

ドラマ『競争の番人 第7話』の見所とまとめ

引用:https://www.fujitv.co.jp/kyosonobannin/

第7話では、館山留美(演:夏子)が登場しますが、そんな中で、あの失敗続きの白熊楓が一人で勝負しようとしますが、なかなか苦戦していました。

www.akira-movies-drama.com相変わらず、小勝負勉が嫌味を言いますが、この男が白熊楓を認めてくれる時がくるのか?もうしばらく様子を見守りたいですね。