AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


窪繭子役(桜井ユキ)が患者を見殺しにしてしまった訳とは?映画『この子は邪悪』

映画『この子は邪悪』では、窪繭子役(桜井ユキ)が患者を見殺しにしてしまうので、なぜ、そんなヒドイ事が出来たのか?紹介します。

映画『この子は邪悪』のキャスト

www.akira-movies-drama.com日本のスリラー映画『この子は邪悪』は、2022年9月1日に公開されました。

監督&脚本

  • 監督:片岡翔
  • 脚本:片岡翔

登場人物&俳優

  • 窪繭子(演:桜井ユキ)夫の悪事を止められない妻
  • 窪花(演:南沙良)窪繭子の長女
  • 窪司朗(演:玉木宏)窪繭子の夫で、精神科の医師
  • 四井純(演:大西流星)ある病院を調べようとする少年
  • 窪月(演:渡辺さくら)窪繭子の次女で、仮面を付ける少女

映画『この子は邪悪』のストーリー

引用:http://happinet-phantom.com/konokohajyaaku/

窪繭子は、夫や娘たちを仲良く暮らしていたら、長女の窪花から「遊園地へ行ってみたいとせがまれるので、家族で一緒に遊園地で遊ぶ事になりました。

ところが、帰り道で、夫が車を運転していたら、対向車がはみ出て来て、交通事故に巻き込まれてしまったのです!

窪繭子は、意識不明の重体に陥ってしまって、病院で長い間に渡って植物人間になってしまいます。

この交通事故で、夫は足の神経をやられてしまい、次女は命を落としてしまいました。長女は責任を感じて、ふさぎこんでしまいます。

ところが、なぜか次女は家族と一緒に生活できるようになっていて、窪繭子は奇跡的に病院から退院する事ができたのです。

家に久しぶりに戻ると、長女は「本当にお母さん?」と疑いますが、夫や次女が喜ぶので、長女は半信半疑ながら、少しだけ喜びます。

しかし、長女は疑って、窪繭子が眠っている時に、顔のホクロが本物なのか?拭いてみたら、ホクロが取れかかってしまいます。窪繭子は気づいて、黒目がギョロギョロギョロと回転し始めて、長女は驚愕してしまいました。

長女は、それから色々と調べたら、次女は交通事故で本当は死んでいる事を突き止めて、なぜか病院では未だに窪繭子が植物人間になっている事を知ってしまいます。

窪繭子は、家に帰っているハズなのに、病院で植物人間になっている者がいるとは、どういう事なのでしょうか?

『窪繭子役(桜井ユキ)が患者を見殺しにしてしまった訳』

窪司朗(演:玉木宏)は、交通事故で失った家族を取り戻すために、次女が死ぬ寸前に、DVで悩まされていた患者の魂と、次女の魂を交換してしまいます。

窪司朗は精神科の医師だったので、催眠術によって患者をコントロールする事ができたのです。

長女は、妹が交通事故で顔に大ヤケドをしたので、ずっと仮面をかぶっていると聞かされていたので、ずっと仮面をつけている事を疑いもしませんでした。

しかし、病院で戻ってきた母親は少しだけ顔が違っていて、父親から「整形手術をしたんだ」と聞かされても、少し疑ってしまいます。

実は、夫は他の患者と妻の魂を交換してしまい、患者の体に入り込んだ窪繭子(演:桜井ユキ)は、素知らぬ顔で、長女を騙そうとしました。

なぜ、夫が患者を犠牲にしようとしているのを見て見ぬ振りをして、患者を見殺しにしたのかと言うと、その患者は子供に暴力を振るっていたからです。

家族にひどい事をした女だし、私が、その女の体に入って、家族と再会しても良いだろうと思ったのでしょう。