AKIRAの映画・ドラマブログ

毎週金曜日に映画館で上映される新作映画を1〜2記事投稿・毎日テレビドラマを1〜3記事投稿しています!


ドラマ『アトムの童』全話のストーリー・キャスト・予告動画を紹介

引用:https://www.tbs.co.jp/atomnoko_tbs/

ドラマ『アトムの童』シリーズの全話のストーリー・キャスト・予告動画などを紹介するので、参考にしてみて下さい。

ドラマ『アトムの童 第1話』のストーリー

富永繁雄(演:風間杜夫)は、娘の富永海(演:岸井ゆきの)に、支援を頼むために、銀行まで押しかけてしまいます。

富永海は銀行員でしたが、私情で融資する訳にはいかず、父親の頼みを簡単に断ってしまいます。

ところが、父親の玩具会社『アトム玩具』が全焼してしまい、富永海はかえってやる気を出して、ゲーム会社を引き継ぐ事になったのです。

安積那由他(演:山﨑賢人)は、ゲームを作る事を諦めていましたが、好きだったアトム玩具や彼女に惹かれて、再びゲームを作ってみようと立ち上がります。

www.akira-movies-drama.com

ドラマ『アトムの童 第2話』のストーリー

安積那由他は、なかなか良いアイディアが浮かばないので、富永海から、かつての相棒も呼ぶように頼まれてしまいます。

しかし、安積那由他にとっては、それは簡単にうなずける言葉ではありませんでした。なぜなら、その相棒の菅生隼人(演:松下洸平)は、親友を罠にハメたSAGASと手を結んでしまったからです。

はたして、このまま安積那由他は、相棒と手を組まないまま、アトム玩具を救う事ができるのでしょうか?

www.akira-movies-drama.com

ドラマ『アトムの童 第3話』のストーリー

富永海は、銀行の元上司から、会社を融資してもらえるハズだったのに、突然5000万円を返すように要求されてしまって「そんな」と愕然としてしまいます。

元上司の小山田賢雄(演:皆川猿時)は、SAGASの興津晃彦と通じていたので、貸し剝がしをする事によって、アトム玩具をつぶしにかかろうとしていました。

安積那由他たちは、プレゼンを行って、アトム玩具に融資してもらおうとしますが、そこで興津晃彦が邪魔しようとするのです!

www.akira-movies-drama.com

ドラマ『アトムの童 第4話』のストーリー

安積那由他たちは、ゲームが完成寸前になっていたのに、画面がピンク一色になっていて、作り上げてきたデータが無くなっていた事を知って愕然としてしまいます。

そこで、あるソフトを使って、データを復元しようとするので鵜飼吉久(演:林泰文)は「まだ諦めないんですね」とつぶやいてしまいまいた。

八重樫謙吾(演:でんでん)は、その言葉を聞き逃さず『まさか、こいつがデータを消したんじゃないか?』と睨みますが、本当に鵜飼吉久がデータを消したのでしょうか?

www.akira-movies-drama.com

ドラマ『アトムの童 第5話』のストーリー

安積那由他たちは、自分たちのゲームが、どこの配信サイトでも審査が通らなくて『なぜだ?』と思っていたら、SAGASの興津晃彦社長が、裏で手を回していた事を知ってしまいます。

それでも、諦めずアトム玩具のキャラクターをウリにして、インターネットでダウンロード数を伸ばして、ついに100万回まで伸ばす事に成功しました。

しかし、再びSAGASの興津晃彦社長が、大きなトラップをしかけようとしていたのです!

www.akira-movies-drama.com

ドラマ『アトムの童 第6話』のストーリー

アトム玩具は、興津晃彦の罠にハマって、ほぼ全ての資産を取り上げられてしまい、どうする事もできなくなってしまいました。

仕方なく、アトム玩具の者たちは散り散りになってしまいますが、安積那由他や菅生隼人たちは長い年月をかけて、大金を準備して、アトム玩具の場所を買い戻す事に成功します。

富永海は、社名『アトムの童』に変更して、再出発しますが、今度こそ上手くいくのでしょうか?

www.akira-movies-drama.com

ドラマ『アトムの童 第7話』のストーリー

アトムの童は、従業員の数も増えてきて、富永海たちは、いよいよアトムのオモチャの販売を再開しようとしていましたが、ゲーム業界に激震が走るニュースが飛び込んできました。

宮沢ファミリー オフィスが、SAGASの株を買い漁り始めて、株の3%を一気に取得して、ついには4%にまで手に入れてしまいました。

アトム玩具の者たちは『天罰だ』を思いますが、興津晃彦社長が、アトム玩具の権利をチラつかせて協力するように頼み込んできたのです。

誰が協力するかと拒絶しようとしますが、安積那由他だけが、権利を取り戻すためにSAGASに協力しようとします。

はたして、安積那由他とアトム玩具の関係はどうなってしまうのでしょうか?

www.akira-movies-drama.com

ドラマ『アトムの童 第8話』のストーリー

宮沢ファミリーオフィスが、SAGASを買収しようとして、どちらが多くの株主を味方に付けるのか?激しい応酬が繰り広げられていきました。

菅生隼人は、憎っくきSAGASを追い詰めようとしますが、安積那由他は、親友とは違う立場になったとしても、ゲームの開発を進めようとします。

いよいよ、株主総会が行われる日に、会場へ向かおうとしたら、興津晃彦が『顧客データの不正使用』の疑いで、警察に連行されて行ったのです!

www.akira-movies-drama.com

ドラマ『アトムの童 第9話』のストーリー

安積那由他は、SAGASからアトム玩具の権利を返してもらうために、ゲームの開発に協力をして、いよいよ株主総会で、ゲームにかける想いを発表していきます。

そこに、親友の菅生隼人が、SAGASの大株主の伊原総一郎を連れて来ました。宮沢ファミリーオフィスは、菅生隼人の委任状によって、SAGASを乗っとろうとしていたので、その動向に注目します。

はたして、SAGASは、どうなってしまうのでしょうか?

www.akira-movies-drama.com

ドラマ『アトムの童』シリーズのまとめ

アトムの童は、ゲームを題材にしたドラマだったので、今までにないジャンルでした。そのため、多くの視聴者から注目されていましたが、途中で悪者だったSAGASと手を組むのは、少し無理があったように思えます。

これだったら、ラスボスは、あくまでもSAGASの社長にしていたほうが、まだ良かったのではないかなと思えて、少し残念に思う作品でしたね。